つれづれ所感

労務単価2.5%引き上げ
2020/02/14
     

8050.jpg

「きつい、汚い、危険の3Kと言われる職場を新3Kの職場(給料がいい、休暇がある、希望がある)に」――。私は建設現場の技能者、職人さんの待遇改善に努力してきましたが、14日、国土交通省は公共工事の予定価格算出に用いる「公共工事設計労務単価」を全国全職種の平均で2.5%引き上げ、2万214円に改定すると発表しました。3月1日以降に契約する工事に適用されます。労務単価の上昇は8年連続。建設労働者の1日当たりの基準賃金である設計労務単価は、これで1997年度の公表開始以降で最高となります。

私が国土交通大臣時代、それまでずっと下がってきていた設計労務単価を3度にわたり大幅に引き上げたことから、この好循環が始まったものです。現場の技能者、職人さんにいきわたるようにさらに力を入れていきます。


プロフィール
プロフィール
太田ものがたり
活動地域
政策
太田がめざす政治
政策・ビジョン
政治コラム太田の政界ぶちかまし
実績
ピックアップレポート
国を動かした実績 1
国を動かした実績 2
北区の実績
足立区の実績 豊島区・板橋区の実績
活動記録
活動ニュース
ブログ
動画
太田チャンネル
太田へのご意見・ご要望
サイトマップ
サイトのご利用について
プライバシーポリシー
ホーム
Twitter
facebook
ページ上部へ戻る