私の読書録

上意討ち  池波正太郎著  新潮文庫
2021/01/13
     

51ARVT6CPWL__SX326_BO1,204,203,200_.jpg先日、テレビ映画(BS-TBS開局20周年記念ドラマ)となった池波正太郎の「上意討ち」。これを含む11の短篇時代小説。テーマは幅広く多岐にわたり、バラエティに富み、しかも人間の心の真髄に迫り、はじける。善悪同居の人間らしさ、そのなかで「不器用な男」と「したたかで強(靭)い女」が際立つように思える。人間臭く、深くて、じつに面白い。

表題の「上意討ち」は、横暴な殿様の尻拭いのために、敵討ちを命ぜられた森十兵衛。出奔した相手の田中源四郎をどうにも「斬りたくない、会いたくない」と思ってしまう。そうした心を抱きつつ、追い続ける武士の心情を描く。「恋文」と「刃傷」は、ちょっとした"いたずら"が、人生の歯車を完全に狂わせて重大事件にまで行き着く様を描く。恐ろしいまでだが、こうしたことはある。「ト伝最後の旅」は信玄と塚原ト伝の達観した境地での心の絆、川中島合戦が描かれる。とてもいい。「剣友 渡辺f」「色」「龍尾の剣」は、幕末の新選組、近藤勇、渡辺f、土方歳三、永倉新八等を描くが、他の篇とはトーンが全く違って時代小説そのものの感を受ける。解説の佐藤隆介氏によると、「これらは20年も30年も前の若き日の池波正太郎の作品」だという。しかし、近藤、渡辺、土方、永倉らの人間性が浮き彫りにされている。

窮乏する藩の財政にもかかわらず乱費する領主の死後、藩を守ろうと奔走する江戸留守居役の苦労話と女(疼痛二百両)、「妖魔に魅入られた、と思うよりほかはない」と大失敗をした筒井土岐守忠親と農婦・おさとの物語(「晩春の夕暮れに」)・・・・・・。他に「激情」「雨の杖つき坂」がある。


プロフィール
プロフィール
太田ものがたり
活動地域
政策
太田がめざす政治
政策・ビジョン
政治コラム太田の政界ぶちかまし
実績
ピックアップレポート
国を動かした実績 1
国を動かした実績 2
北区の実績
足立区の実績 豊島区・板橋区の実績
活動記録
活動ニュース
ブログ
動画
太田チャンネル
太田へのご意見・ご要望
サイトマップ
サイトのご利用について
プライバシーポリシー
ホーム
Twitter
facebook
ページ上部へ戻る