プロフィール

プロフィール

ごあいさつ

多くの方々の真心からのご支援を賜り、政治活動を30年、衆議院議員として25年を送ってきました。心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

日本にとっても、激動の30年でしたが、「政治は結果」「仕事をするのが政治家の役割」を胸に、「常に全力」で戦う毎日でした。「直面する課題を解決する臨機応変の自在の知恵」が政治であり、「ポピュリズムの誘惑と権力の魔性にどう抗するか」が政治家に問われていると思います。それゆえに現場に常に立ち、公明党の立党精神「大衆と共に語り、大衆と共に戦い、大衆の中に死んでいく」ことが大事です。

今後もこの姿勢を堅持し、「報恩」「共戦」で頑張る決意です。何卒よろしくお願いいたします。

略歴

  • 昭和20年10月6日、愛知県生まれ
  • 京都大学大学院修士課程修了
  • 元国会担当政治記者
  • 京大時代は相撲部主将
  • 93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー、党憲法調査会座長、党総合選対本部長、党幹事長代行、党国会対策委員長等を歴任
  • 前公明党代表、前党全国議員団会議議長、元国土交通大臣、元水循環政策担当大臣
  • 現在、公明党常任顧問

経歴

昭和20年(1945年)

10月6日 愛知県新城市生まれ

昭和46年(1971年)

3月 京都大学工学部大学院修士課程修了

昭和46年(1971年)

4月 公明党機関紙局に入社(国会担当記者)

平成5年(1993年)

7月 第40回衆議院議員総選挙初当選

8月 大蔵委員会理事、政治改革特別委員会理事

平成6年(1994年)

5月 公明党院内総務代理、議院運営委員会理事

12月 新進党副幹事長、常任幹事、選挙対策局次長

平成8年(1996年)

10月 第41回衆議院議員総選挙当選(2回目)

建設委員会理事、商工委員会理事を歴任

平成10年(1998年)

1月 新党平和幹事長代理

11月 公明党結成に伴い幹事長代行に就任

平成11年(1999年)

1月 予算委員会理事

平成12年(2000年)

1月 憲法調査会委員

3月 教育改革国民会議オブザーバー

6月 第42回衆議院議員総選挙当選(3回目)

7月 国会対策委員長に就任(幹事長代行兼任)

平成15年(2003年)

11月 第43回衆議院議員総選挙当選(4回目)

平成16年(2004年)

10月 党災害対策本部本部長

平成17年(2005年)

2月 党現代中国研究会会長

3月 党政治改革本部本部長

9月 第44回衆議院議員総選挙当選(5回目)

平成18年(2006年)

9月 党代表に就任

平成21年(2009年)

8月 第45回衆議院議員総選挙落選

9月 全国代表者会議 議長に就任

平成24年(2012年)

3月 党首都直下地震対策本部総合本部長

12月 第46回衆議院議員総選挙当選(6回目)

12月 第二次安倍内閣・国土交通大臣に就任

平成26年(2014年)

5月 第二次安倍内閣・水循環政策担当大臣(兼務)に就任

9月 第二次安倍改造内閣・国土交通大臣/水循環政策担当に留任

9月 党全国議員団会議議長に就任

12月 第46回衆議院議員総選挙当選(7回目)

12月 第三次安倍内閣・国土交通大臣/水循環政策担当に留任

平成27年(2015年)

10月 第三次安部内閣・国土交通大臣/水循環政策担当を退任

平成29年(2017年)

10月 第48回衆議院議員総選挙当選(8回目)

令和3年(2021年)

11月 衆議院議員を勇退

現在

党常任顧問

基本情報

家族構成

妻、2男1女の5人家族

趣味

読書/陶芸/スポーツ観戦(野球や相撲ほか)

長所

何事も一生懸命やる 何でも興味をもつ 好奇心旺盛

尊敬する人

ガンジー、勝海舟

好きな言葉

「民之所欲、天必従之(民の欲するところ、天必ず之に従う)」(書経)
「悲観主義は感情のものであり、楽観主義は意思のものである」(哲学者アラン)

著書

『真っ向勝負』 (鳳書院2003年6月)