1640399705447.jpg 1640399688105.jpg

外壕と日本橋川を浄化し、玉川上水を復活させる――。24日、公明党東京都本部の「水と緑の回廊PT」(顧問=太田昭宏、座長=竹谷とし子参院議員)が東京都庁で行われ、出席しました。これには、「玉川上水・分水網を生かした水循環都市東京連絡会」(代表=山田正・中央大教授)の有識者、国交省、東京都の三者が集合。公明党から竹谷としこ座長、衆参国会議員、都議会議員、関係する区市議会議員らが参加しました。

このPTは「水の都・東京」をめざし、玉川上水の清流復活、水質の悪い外濠の浄化、あわせて日本橋川などの水流を舟運・観光のできるものにしようと取り組んできたもの。今年も合同会議や視察を行ってきました。長年念願であった外濠の浄化はいよいよ動き始めます。

この日、それぞれが進行状況を発表。さらに加えて、防災やその時の水利用、観光のためにも歴史性をしっかりと踏まえた構想作りをしていこうと決意しあいました。重要な「水の都・東京」を目指してのビジョンあふれる会議となりました。なんとしても実現に向けて、粘り強く進んでいきます。


1639968050551.jpg 1639968050611.jpg

前日の激しい風とは打って変わった晴天の19日、「東京北リトルシニア野球の卒団式」が荒川河川敷のグランドで行われました。富士山がぐっとせり出してくるかのように大きく、美しい姿でした。コロナで練習や試合が思うようにできず、大変ななかで、保護者と共に頑張ってきた卒団する中学3年生。「お父さん、お母さん、ありがとう。高校でも甲子園を目指して頑張ります」などという卒団生。「これからの人生には困難があるが、蓄えたエネルギーをまっすぐに進もう」と激励しました。

1639968034087.jpeg


1639704610361.jpg 20211217_103049.jpg

荒川河川敷でドローンの飛行訓練――。16日、「ドローンのテストフィールド開所式」が、東京都北区、国交省荒川下流河川事務所の主催、北区観光協会の共催で行われ、デモフライトも行われました。

ドローンは今後、気象、建設、運輸、観光、映像など、広範に利用される重要なもの。国交大臣時代から、様々なルール作りに取り組み、発展してきましたが、都内で飛行訓練の場所がなかなかないのも悩みの1つ。これが、多くの方々の協力を得て、今回、実現の方向となりました。新しい成長戦略の大事なドローン。嬉しいテストフィールドとなりました。

1639704604368.jpg


11007.jpg

青空が広がり、この季節では少し暖かい感じの12日、地元・滝野川さくら通り商栄会(中田寿会長)による年賀提灯の点灯式が行われました。点灯の瞬間、ワッと歓声。イルミネーションとは一味違う柔らかな光に、街に元気が広がるようでした。板橋駅東口(滝野川口)もきれいに整備されてきました。コロナで明け暮れた今年もあと3週間。日常が戻り始めました。


1638677036172.jpg

晴天で、びしっと身が引き締まるような空気の4日。各町会の役員の方々と挨拶・懇談をしました。豊島区北大塚では町会の焼き芋会が開催され、300本のホクホクの焼き芋を焼き上げ、参加者に振る舞いました。従来の「餅つき大会」がコロナ禍でできないことの知恵という事ですが、大変な準備をしてくださった方々、本当にありがとうございます。オミクロン株も懸念されますが、少しずつ日常が戻っています。

  • 1

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

つれづれ所感アーカイブ

上へ