トルコ レセプション.jpg  トルコ 展覧会.jpg

10月29日、トルコ共和国の建国記念式典が、東京神宮前の同国駐日大使公邸において開催されました。またエルトゥールル号の当時の記録についての展覧会のオープニング式典も行われ、私もテープカットに加わりました。今年は建国90周年の記念年。安倍総理夫人の昭恵さんを始め、閣僚、国会議員、和歌山県串本町長など多数の来賓が駆けつけ、式典は大変な賑わいでした。

トルコ、といえばイスタンブールが東京と2020年の夏季五輪の開催地を争ったことが記憶に新しいですが、日本との関係は123年前の1890年にさかのぼります。トルコ共和国の前身、オスマン帝国の使節団を乗せ、和歌山県串本町沖で遭難したエルトゥールル号。乗組員581人が死亡する大事故でしたが、串本町住民の必死の救助により、69人が救出されました。このときの献身的な支援がトルコ人の心を打ったと言われ、以来、友好関係が続いています。

また、トルコではこの日、安倍総理も出席し、ボスポラス海峡横断鉄道の開通式が行われました。アジアとヨーロッパがついに海底地下鉄(全長13.6km)で結ばれました。しかもこの大事業を担ったのが日本の建設会社。世界最深の海底60m、複雑な海流のなか、沈埋トンネルの難工事をやりとげ、日本の技術水準を世界に見せつけました。

昨日は、官邸で政府の経協インフラ輸出の会議も開催。成長戦略の柱でもあり、国交省が重要な役割を担います。




天が崩れ落ちても生き残れる穴はある.JPG高校の同級生の夫妻、奥さんの著作。韓国で、日本で、米国で生きてきた人生を語っている。波浪が何度も何度もぶつかってきても、砕けることなく生き抜いて来ていることに感動する。日本のなかだけでなく、韓国人のなかでも在日同胞がいかなる位置にあるのか。

夫妻にとって、その人生は常にアイデンティティを考え探し、踏み固める作業を余儀なくされたこと。「振り返ってみると、外国人として日本とこの国(米国)で人生のほとんどの時間を過ごしている。国籍、祖国、母国そして故郷という言葉が法的にも心情的に一致する多数の人々の間で、漂うように少数者として生きてきた歳月であったと言えようか。その社会の周辺にいる自分を、不運であると憐れんだことはなかったが、不条理であるとの思いはあった」と語っている。「選挙ができる。投票ができる」――このことが、いかに大きな喜びなのか。見事な文章。歩んできた人生の足跡の重みが、静かに語っているだけに迫ってくる。


つれづれ1028①.JPG
台風一過、雲一つない青空が広がった27日(日)、秋の地域行事がいっせいに行われました。

先週の雨で順延となった連合町会等の運動会、市場のオータムフェスティバル、区の文化祭・合唱祭や柔道大会、ボーイスカウトフェスタ、福祉施設のバザーや祭りなど・・・・・・。素晴らしい天候もあって、晴れやかに大いに盛り上がりました。

昨日までの台風のこと、気象情報や避難のこと、地域の課題、2020年東京オリンピック・パラリンピックやリニア新幹線のことなど、さまざまな声を聞きました。


つれづれ1028②.JPG


唱歌誕生.JPGかつて長野県を訪れたとき、「郷土(ふるさと)」や「春の小川」などを作詞したのは長野県の高野辰之という人だという話を聞いた。本書は文部省唱歌「郷土(ふるさと)」「朧月夜」「紅葉(もみじ)」も、「春の小川」「春が来た」も全部、高野辰之によることを、徹底して調べあげている。そして、それらの歌が、志を果たせず下級官吏になった高野の人生そのもの、そして明治、大正の時代を、そして北信濃を投影しているものであることを語る。印象深い。

しかしその源には、信州の古刹・蓮華寺がある。高野の妻となるのが蓮華寺住職の娘鶴江、そしてこの蓮華寺を舞台にして島崎藤村は「破戒」を書く。3回にわたりシルクロード探検隊を派遣した西本願寺第22世門主・大谷光瑞には蓮華寺関係者が随行者となったり秘書になったりする。また作曲した岡野貞一にも当然ふれている。「絶妙のコンビ」であるとしながらも「もともと意気投合してコンビを組んだのではない。文部省唱歌編纂という作業が彼らを引き寄せた」と述べている。

「こころざしをはたして いつの日にか帰らん」「夢は今もめぐりて 忘れがたき故郷......」。「故郷とは、自分の若い日の夢が行き先を失い封印されている場所のことだ」と猪瀬さんは言っている。そして藤村についても「若い辰之を触発した島崎藤村は夢を生きつづけた。夢を生きつづけるとは、鬼神に身を委ねることである。......大きな代償を払わざるを得ないものだ」ともいう。思いが時間をさかのぼる書だ。


未曾有と想定外.JPG東日本大震災の津波――。三陸の大津波は、決して未曾有の出来事ではない。「自然は過去の習慣に忠実である」(寺田寅彦)といっているが、わかっているのに「人は忘れる」。津波に「対抗する」のではなく「備える」「逃げる」ことが重要だ。「自然を征服する」のではなく、「いなす」「すかす」のが先人の知恵だ。

そして「原発」と「想定外」。「基準を守ればいい」「マニュアルを守っているからいい」のではない。「何も考えない」ではなく、日頃から訓練をして想定外のことにも咄嗟にきちんと対応できるようにすることだ。「コンプライアンスが法令遵守と訳されるが、そうではなく、社会の要求に柔軟に対応するというのが本来の意味だ」「日本の組織はマニュアル偏重主義に陥りがちだが、人は"見たくないものは見えない""聞きたくないことは聞こえない"ものだ」――。

 「組織事故」「共同体事故」「多重防護の必要性」――「失敗」「事故」について、現場を歩いて何が大切かを示してくれている。

  • 1  2  3  4

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。前国土交通大臣、前水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ