20191215_010344.jpg

14日、三重県伊賀市に行き、公明党三重県本部主催の「公明フォーラムin伊賀」に出席し、講演をしました。これには、中川康洋・公明党三重県本部代表らが出席しました。

私は「公明党は55年前の立党時に『日本の柱公明党』『大衆福祉の公明党』を掲げてスタートを切ったが、今や、全世代型社会保障をはじめ、防災・減災、子育て、教育、観光など、すべての政策に360度にわたって公明党が関わり、実現を勝ち取っている」「大切なことは、今年行われる東京オリンピック・パラリンピック後の日本であり、これから大きな坂道に向かう2020年代の日本の課題にダッシュしていかなくてはならない」「なかでも防災・減災対策が重要だ。近年、頻発化・激甚化する自然災害に対して、50年、100年に一度というスパンではなく、早急にソフト・ハード両面からのインフラ整備が必要だ」などと述べました。


12f3c512b4e864171a42a430f6e05d13.jpg「月刊ENTAME 1月号」(11月30日発売)の【井上咲楽の政治家 直撃】にインタビュー記事が掲載されました。
下記のHPよりご覧ください。

■「震災から3カ月後、気仙沼から届いた吉報」
公明党・太田昭宏議員の"現場主義"という信条

https://entamenext.com/articles/detail/3262
※『月刊ENTAME』掲載記事

■自公連立20年の節目に、太田昭宏議員が語る「公明党の役割」
https://entamenext.com/articles/detail/3263
※『月刊ENTAME』には掲載しきれなかった内容をweb限定版として公開


681292.jpg 681272.jpg

12月7、8の土日――。地元では「餅つき大会」「敬老会」「お茶の会」「グランドゴルフ大会」など、多くの行事が行われました。

とくに8日(日)は晴天になり、寒さが和らいだ一日となりましたが、地元北区・豊島区で「餅つき大会」が多くの町会・自治会で盛大に行われ、参加した子どもたちのおいしそうにお餅を頬張る笑顔、元気な声が街に響きました。

そして、地域の皆様に元気にと頑張ってくださる町会・自治会の役員の皆様、本当にありがとうございます。

師走となり、寒さが一段と増してきますが、風邪をひかぬようお気を付けください。

 681147.jpg 681142.jpg


20191205_114037.jpg 20191204_101238.jpg

4日(水)、地元の豊島区巣鴨にある「NPO法人フローレンス」(駒崎弘樹代表理事)が運営する「おうち保育園すがも(小規模認可保育園)」、「障がい児保育園 ヘレンすがも」を視察しました。これには岡本三成衆院議員が同行しました。

「障がい児保育園 ヘレンすがも」は、保育を単なる「お預かり」ではなく、「活動」や「遊び」の中で、こどもたちの成長・発達を支えることを目的としています。障がい児保育園が少ないなか、スタッフをはじめ大変努力している姿に感じ入りました。

「NPO法人フローレンス」が運営する各園では、保育士の教育や、保護者とのコミュニケーションの質の向上、ICT化による保育士の労働環境の改善などに工夫をこらしており、諸課題について駒崎弘樹代表理事と有意義な懇談ができました。

20191204_100819.jpg


678363.jpg 678394.jpg

寒くなった11月30日、12月1日の週末、地元では「町会、自治会の餅つき大会」「滝野川紅葉中 創立10周年記念式典」「北区文化祭 美術手工芸展」「舎人団地スポーツ大会」「赤羽西連合自治会 防災大運動会」「ふれあい酒田 総会・懇親会」「足立軟式野球連盟四号線支部 納会」など、多数の行事があり、参加しました。

678311.jpg 678365.jpg

数多くの「餅つき大会」が行われ、親子での参加も目立ち、地域が盛り上がりました。準備は大変だったと思います。地域のために頑張ってくださる方々に心より感謝します。

678354.jpg 678356.jpg

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。前国土交通大臣、前水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

つれづれ所感アーカイブ

上へ