1571188143271.jpg 20191016_101145.jpg

今回の台風19号は死者74名、行方不明者12名(10月16日9時現在)という未曾有の災害をもたらしました。15日、私は福島市内で氾濫した濁川、大森川に行き、浸水被災の状況を調査・視察しました。これには、伊藤たつや県議(11月10日投票、福島県議選公認候補)、甚野源次郎・福島県本部議長、福島県庁の担当者らが同行しました。

氾濫した箇所は、濁川・大森川が、阿武隈川に向かって合流する所。家屋に土砂が流入していたり、新築の家が激流により土台が崩れ住めなくなっていたり、床下浸水していたり、浄化槽がやられて水が出なくなっていたり、様々な生活被害を目の当たりにしました。何人かの住民の方々と話をしましたが「これからどうなるのか?」といった不安の声もありました。まずは復旧、とくに一刻も早い生活インフラの再建に全力をあげなければなりません。

視察の後、福島市内で行われた公明党時局講演会に出席しました。私は「国交大臣時代から福島復興のために、常磐道路の全通、福島―相馬道路の早期完成など、必要なインフラ再生に手を尽くしてきた。今回の台風被害を含め、福島復興のためにさらに尽くしたい」「政治は結果だ。伊藤たつやさんは、現場にすぐに飛んで行って優先順位を察知し即座に結果を出していく行動第一の議員だ」などと挨拶をしました。


1571027240251.jpg 20191014_133934.jpg

台風19号は東日本全域に甚大な被害を及ぼしました。広範囲で浸水・土砂崩れを起こし、37人死亡、17人行方不明(14日11時現在)という被害を与え、今も浸水している家屋も多く、利根川では浸水の危険があります。今回のように大雨特別警報が13都県に及んだことは初めてであり、この50年で最も強大な台風となりました。河川や浸水地域に議員が急行、対策に当たっています。私も12、13の両日、情報提供や危険箇所に駆けつけました。

13日朝には、岩淵水門などの荒川河川敷に直行。この50年で最大水位7.17メートルとなった荒川の現状や、隅田川を守る岩淵水門が12年ぶりに閉門となっている状況を視察しました。

20191014_134521.jpg


20191006_110242.jpg 1570326822738.jpg

10月5日、札幌で行われた「衆議院議員佐藤英道さんと語る会」に出席し、挨拶をしました。これには、吉川貴盛・自民党衆院議員、鈴木直道・北海道知事、秋元克広・札幌市長、真弓明彦・北海道経済連合会会長など、多くの首長、経済界、各種団体、地域有力者の方々が出席しました。

私は「今日10月5日は、"政治の安定と改革のリーダシップ"の旗頭のもと、自公連立政権が発足してちょうど20年目にあたる。これまで幾多の風雪をくぐり抜け、両党の信頼を作り上げ、現在の政権の安定をもたらした」「佐藤英道さんは、公明党が最も大切にしている、人とのつながりを大事にする政治家で、北海道のために誰よりも縦横無尽に駆け巡る現場の人だ」「北海道は、2030年の札幌冬季オリンピック・パラリンピックの実現を目指すと共に、観光、北海道新幹線、7空港のコンセッション、高速道路のアンビシャス・ロードなど、重要課題が目白押しだ。私もさらに、北海道の発展のために尽力していく」などと挨拶をしました。

また、これに先立ち、石狩湾新港発電所に行き、LNGを燃料として、ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせた「コンバインドサイクル発電」と呼ばれる新しいタイプの発電所を、地元の石狩市議と視察しました。北海道の新たなベース電源として大きな役割を期待されています。


1570264918077.jpg

4日、臨時国会が始まりました。会期は67日間、12月9日までとなります。200回となる記念すべき国会です。また、自公連立政権が発足してちょうど20年となる国会でもあります。

この日、党の両院議員総会でスタート。この国会では「消費税引き上げに伴う諸課題」「日米貿易交渉」「全世代型社会保障の具体的推進と課題」「台風15号をはじめとする災害復旧・復興」「外交案件」などの論議が行われます。しっかり頑張ります。


1569721313286.jpg 1569721324677.jpg

28日夜、令和元年「北区花火会」が荒川河川敷・岩渕水門周辺で盛大に行われました。8888発の見事な花火で、拍手と歓声があがりました。そのなかでは、今年、新しい1万円札に決まった渋沢栄一が北区飛鳥山に居住し、そこを拠点として偉大な活動を展開したことを、花火とともに表現し、美しさとともに感動を与えました。

この夜は、ラグビーワールドカップで日本がアイルランドに勝利する大金星を上げた直後でもあり、開会式では大拍手続きでした。また地域では「小学校の運動会」「団地祭り」「防災訓練」「サンライズフェスティバル」等の多彩な行事が繰り広げられ、出席しました。

1569721326559.jpg 1569721588321.jpg

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。前国土交通大臣、前水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

つれづれ所感アーカイブ

上へ