首都圏3環状道路①.jpg

ついに圏央道が成田まで直結――。26日、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の茨城県の境古河IC-つくば中央IC間が開通。湘南海岸から成田空港まで、都心を経由せずに直結しました。湘南・藤沢・相模原・八王子・桶川・北本(上尾)・つくば・成田が結ばれ、首都圏から放射状に延びる東名、中央、関越、東北、常磐、東関東の6道路が接続しました。

利便性、交通渋滞の緩和、観光振興(成田空港から日光、那須、富岡製糸場、川越などの観光地へのアクセス向上)、さらに私が推進してきたインフラのストック効果が格段に前進します。すでに沿線には約1600件の大型物流施設等も進出し、生産性が向上しています。

また外国人観光客等にもわかりやすいように、国交省は全国の高速道路に割り振った路線番号を初めて表示(圏央道はC4、東北道はE4,東名はE1など)、高速道路のナンバリング標識が設置されました。

インフラのストック効果はめざましく、希望をもたらすと思います。


富山市 170219.jpg 砺波市 170220.jpg

19日、富山県に行き、公明党の時局講演会を富山市と砺波市で行いました。4月に市議選を控えているだけに意気軒昂の時局講演会となりました。

富山市は昨年、政務活動費問題で大きく揺れ、出直しの補選が行われましたが、4月には再び市全体の選挙が行われます。砺波市は定数が減って大激戦です。私は、公明党は政治改革を進めてきた「清潔の党」であるとともに、最近の給付型奨学金や年金受給資格の25年から10年への短縮など庶民の側、生活者の側、弱者の側に立つ政策実現の党だ。また、「公明党とは太陽の党」として全ての人に分け隔てなく心の中に太陽を昇らせる行動の党だ、と訴えました。


税理士会 170214.jpg

2月16日から確定申告の受付けが始まりました。それに先立ち14日、北とぴあで東京税理士会王子支部主催の「所得税確定申告無料相談会」を視察しました。多くの方々が相談に来られていました。

今年は社会保障・税番号(マイナンバーカード)制度の導入後、初めてとなる確定申告となり、2月初旬から皆さんの手助けを行っております。

税理士の皆さまに感謝致します。


ホウドウキョク③.PNG ホウドウキョク②.jpg

2月13日、春香クリスティーン「ホウドウキョク×GOGO」(フジテレビインターネットニュース専門チャンネル)に出演。約1時間にわたって「日米首脳会談の評価」「安全保障、二国間経済対話の行方」「訪日外国人増加 観光推進どうするか」「IR法案の意義」「憲法論議と公明党の加憲の立場」「公明党が夏の都議選を重視する理由」などについて質問に答えました。

稀勢の里.jpgまたこの日の午前に、初場所優勝の稀勢の里に福島県産米を贈呈、介添えをしたこともふれ、「京大相撲部の主将でもあった太田さんは稀勢の里の横綱昇進をどう思うか」「政治家を志した理由は?」など、当時の写真も交えてトークを行いました。


※インターネット放送ですので、下記URLにてアーカイブ放送をご視聴いただけます。パソコン、スマートフォン等でご覧ください。

https://www.houdoukyoku.jp/archives/0008/chapters/27270


山梨①.jpg晴天で富士山もきれいに見えた2月4日立春――。甲府市で行われた公明党山梨県本部(代表=安本美紀県会議員)の「新春の集い」に出席、挨拶をしました。これには高木美智代衆院議員、平木大作参院議員のほか、後藤斎・山梨県知事、樋口雄一・甲府市長、保坂武・甲斐市長、堀内光一郎・富士吉田市商工会議所会頭ら多数の来賓が出席しました。

新春の集いで私は「激震の世界政治のなか、日本は政治の安定と景気・経済の前進に全力をあげる。振り回されないで、自らの戦略をもって進むことだ」「公明党は無年金者対策や返済不要の給付型奨学金の創設など、格差是正や貧困の連鎖解消に取り組んでいく」「山梨県は元気がある。ぶどう・ワインなど日本一が30もある。観光のポテンシャルも高い。外国人観光客もたくさん来ているし、これからますます増える。中部横断自動車道など交通網の整備も推進していく」と述べました。

足立総支部②.jpgこの日、地元「公明党足立総支部大会」や「北区の支部賀詞交歓会」にも出席し、挨拶・懇談をしました。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。前国土交通大臣、前水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

つれづれ所感アーカイブ

上へ