一流の狂気.jpg「心の病がリーダーを強くする」が副題。「危機の時代にあっては、精神的に正常なリーダーよりも精神的に病んだリーダーの指揮の下にあるほうが私たちはうまくやっていける」「典型的な平時のリーダーは理想主義的で、世の中や自分に幾分楽観的にすぎ、苦しみや痛みに鈍感であり、つらい経験をしたことがない」「危機の時代の偉大なリーダーは、たいてい優れた知性をもち、身体的に健康を損なっていることが多い。生い立ちは恵まれているが、葛藤に満ちた家庭状況・・・・・・パーソナリティ特性と生い立ちの状況は、躁病やうつ病のような精神疾患、あるいは気分高揚性のような異常な気質とも相関が認められる」「彼らの弱さこそが彼らの強さの秘密なのだ」という。時代の危機と格闘した偉大なリーダーの精神分析に踏み込む。しかもホモクリット(平凡人)がリーダーであれ、一般大衆であれ、大失敗をすることを示すことにより、精神疾患をもつ人への偏見を寛容に変えるという人間学の変更をも志向する。きわめて大胆、ユニークで興味深い。

例えばケネディ。アディソン病に長期間苦しみ、一方では気分高揚性の気質(豊富なエネルギー、性欲亢進、仕事への熱中、社交性、危険を冒すこと)をもつ。連日のように薬づけ、ステロイドづけ。ケネディ大統領在任1000日の後半、医師団が理に適ったステロイド乱用を抑え込み、弱々しい前半のケネディではなく輝かしい成果をあげた。また、ヒトラーはかなり重い双極性障害をもっていた。「1937年までの間は障害はよい方向に作用し、カリスマ性、不屈の態度、独創性を高める方向に作用したが、それ以降、連日の静脈内注射によるアンフェタミン投与のせいで躁とうつのエピソードがひどくなり、リーダーとしての能力が損われた」という。さらにチャーチルの重篤な反復性のうつ病(気難しく、攻撃的、自信の絶頂にいるか、ひどいうつの底にいるか)、リンカンの重いうつ病(うつは、現実的なものの見方と共感能力を彼に授けた)、ガンディーやキングのうつ病と共感能力の強い結び付き・・・・・・。

「ネガティブな面や危険性も十分認識したうえで、精神疾患というものが人類の最高の特質の証拠でもあることを人々が理解するようになっていくだろう」と著者はいい、訳者の村井氏は本書の意義と試みを認めつつ「疾患のもつ偉大な力を強調しすぎることは・・・・・・狂気に対しての落とし穴もある」「双極性障害とうつ病を同列にみている点にも日本の精神科医は違和感をもつ方も多いだろう」という。しかし、いずれにしても面白い刺激的な書だ。


お迎えに上がりました。国土交通省国土政策局幽冥推進課.jpgなんとも奇妙、荒唐無稽な物語。しかし、なぜか心持良いのは、主人公・朝霧夕霞が元気で優しい、情に厚く、突っ込んでいく魅力ある女性であるということ。こういう女性はたしかに居る。

就職に失敗し続けていた夕霞が国土交通省の臨時職員募集の貼紙を見つけ、採用されたのが、国土交通省国土政策局の「幽冥推進課」。ここの仕事は、道路、橋、都市などインフラ整備にあたって、「この世に未練があって、土地や建物から離れられなくなっている地縛霊を説得し成仏させること」だという。職員も辻神課長、火車先輩、百々目鬼女史しかおらず、皆妖怪。つまり夕霞は初の人間職員だ。

1章ではビルの屋上から飛び降りた無名のアイドル藍田ミサ、2章では長期出張を終え自宅へ車で帰る際、トンネルから無灯火で出てきたトラックと正面衝突した山田篤弘、3章では150年前の慶応年間、橋を守るための人柱となった少女(姫)――。いずれも未練を残してその地から離れられないでいる。

夕霞はそれに体当たりで挑むのだ。


デジタル・ポピュリズム.jpgネット社会の急進展は、社会も人間も変質させている。たしかに便利ではある。しかし、デジタルテクノロジーの進化はめざましく、私たちの生活に介入し、いつの間にか多くの個人情報が集積され、「世論は操作」され、「いいね!は悪用」され、「偽ニュースに誘導」され、危険にさらされるという。「イギリスのEU離脱」や「アメリカ大統領選」でも現実にそうした動きが顕わとなった。世論がより操作される時代になったのだ。「世の中のデジタル革命に対する用意が不足している」「ネット上のニュースで何が本当で何が偽ニュースであるのか、見分けるためのメディアリテラシーの教育が必要になってくる」「ここ数年(2014年のウクライナ危機)の異変に気付け」「個人データが収集されてビッグデータとして売られ、"換金化される"ネット資本主義が民主主義を、人と人との関係を変形させていることに注意せよ」「一番の防衛は無視することだが、簡単なことではない」・・・・・・。生々しい現実が報告され、「操作される世論と民主主義(本書の副題)」への警告が発せられる。

「ビッグデータは監視し、予測し、差別する」「データブローカーという新しい産業」「ソーシャルメディアから流出する膨大な個人データ」「ビッグデータとアルゴリズムを応用したデジタル資本主義のもとでは、顧客ごとの価格が設定される(定価がなくなる)」「IoTは監視機器でもある」「『心理分析』データを使った選挙広告キャンペーン」「迷っているスイングボーター有権者を取り込む戦略」「小グループへの個別広告(マイクロターゲット広告)」「背後にいる天才プログラマーの富豪(ロバート・マーサー)」「ソーシャルメディアは敵か、味方か」「ツイッターとボット」「ロシアのサイバー作戦が欧米のポピュリズムを扇動する」「IoTで高まるハッキングの脅威」「ポスト冷戦時代はサイバー戦争時代」「デジタル時代の民主主義と国民投票」「ネット利用者が一般化するなか、ネット社会には"異なる事実"が存在することを認識せよ」「厳しいドイツのヘイトスピーチ法」「拡散した流言飛語は人道危機に発展」・・・・・・。

「捏造され、誘導され、分断される」時代の危険性と脆弱性を真剣に考えなければならない。


悪玉伝.jpg吉宗や大岡越前をも巻き込んだ"辰巳屋一件""辰巳家疑獄"――。大坂の炭問屋・木津屋の吉兵衛のもとに、兄が急死したとの訃報が伝えられる。放蕩三昧であった吉兵衛が生家の辰巳屋に戻り、葬儀をはじめとして実家をまとめようとするが、兄の養子・乙之助を操り、やりたい放題の大番頭・与兵衛の大反撃にあう。事態は相続争いに発展。自ら逃げ出したはずの乙之助が、なんと奉行所に訴状を出す。裏には与兵衛、さらに泉州の廻船問屋・唐金屋与茂作(乙之助の父)がいた。大坂の奉行所では当然ながら訴状は退けられたものの、次には江戸の御箱にまで訴えを投げ入れる。江戸の将軍・吉宗や大岡越前守忠相をも巻き込む騒動になるが、牢に入れられた吉兵衛は頑として罪を認めない。

「一町家の跡目争いが、何でここまで大事になってますのや」「町人風情の跡目争いで、何ゆえお武家様が命を落とさんとなりまへんのや」――。「大坂」対「江戸」、「銀」と「金」の貨幣の競り合い、吉宗の治世と賄賂、「大坂」対「泉州」など、背景には時代そのものの構造が投影され、各人の思惑が交錯する。凄惨きわまりない酷い仕打ちを受けながら、妥協もしない、屈しない、信念をいささかも曲げない吉兵衛だが、「何故に強情にそんなに頑張ったのか」「悪玉とは何か」「どれだけの人の人生を不幸に巻き込んだかが悪党の度合いか」等々の哲学的問いも漂い、迫力ある小説となっている。


歪んだ波紋.jpg5つの短編が合流する。「情報に騙されるな。意図的な悪意に満ちた戦略的なものもある」ことを示唆する。ネット時代は情報洪水の時代――。真実もあれば、誤報・虚報、フェイクニュースがあふれ、なかには意図的に虚報を流し続ける集団もいる。既成の新聞、テレビ、よりセンセーショナルな週刊誌等があるなか、それに対して個人が情報発信するネットは従来の世界を一変させている。「レガシー・メディアの信用を低下させる」「第4権力マスメディアに対する第5権力」「正しいより面白い、人の役より自分の役に立つ」・・・・・・。情報に対する考え方が根本的に変わってきている。そのなかで記者たちはどう動くか。一般市民はどうするか。「記者は現場やで」「浅瀬に留まるな」との声が響く。

「黒い依頼」――地方紙の記者が、フェイクニュースを作ってしまう。誤報ではなく虚報の悪に堕していく話。「共犯者」――かつて同僚であった記者仲間・垣内が自殺した。その直前、電話をしてきたが、相賀が気付いたのは死んだ後だった。残された遺品を調べてみると、かつての「サラ金」地獄の取材資料・切り抜きがあり、その背後には1人の女教師の人生を狂わした誤報記事があり、なんと自らが関係していたことに驚愕する。「ゼロの影」――元記者の野村美沙が勤めている語学学校のビルで盗撮事件が起き、男が逮捕されたが、なぜか原稿は闇に葬られ、警察も沈黙したまま。報じないこともまた誤報だが、裏に潜んだ秘密とは。「Dの微笑」――コンビを組んでいた相方が売れていくのに嫉妬した男が、捏造記事・ニュースをつくる。それを暴いた記者がまたウェブメディアにそれを流すというドンデン返しの話。これまでと違うネット時代。「書き手がその都度媒体を選ぶ。それが『マス以後』の世界だ」という。記者を鳥籠から解き放つ解放感・歪んだ微笑が生ずる怖さ。「歪んだ波紋」――これまでの4話が合流する。意図的に虚報を流し続け、フェイクニュースの作り方まで指南する集団「メイク・ニュース」に、安田・桐野・徳田らが加わっており、三多園が率いる「ファクト・ジャーナル」も標的にされる。彼らの意図とは・・・・・・。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。前国土交通大臣、前水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

私の読書録アーカイブ

上へ