倒れるときは前のめり.jpg有川浩さんの2003年以来のエッセイ集。率直で、理屈っぽくなく、ストレート。目線が現場にあり、興味が広範で躍動感があり、「お天道さまの下」で生きる明るさがある。それぞれに「振り返って一言」が付いて肉声が聞こえる。面白い。

「倒れるときは前のめり(竜馬の言葉とも司馬遼太郎とも)」「心に太陽が照っていなければ創作活動はできません・・・・・・」「読書は遊びだ(本好きは楽しむために本を読む)」「言葉は利器にもなるし凶器にもなる。インターネットによって言葉の行使が簡単になったからこそ、使い方には気をつけたい」「ネガティブな言葉は、他人に放ったつもりでも、自分の魂にダメージが蓄積していく。ポジティブな言葉は自分にパワーを蓄積してくれる」「『ゆるい共感』を呼ぶすさまじい本能(秋月りす「OL進化論」)」「宇宙開発に失敗はない・・・・・・宇宙開発は歩みを止めたら最後である」・・・・・・。

文庫と単行本、創作の裏側、映像化と作家の気持ち・・・・・・。あまり聞いたことのない世界にふれることができた。「木綿のハンカチーフ」を読んで、改めて太田裕美メドレーを聴いた。「三匹のおっさん」もいいが、児玉清さんは「とびきり素敵なおじさん」だったろうと私も思う。


「核なき世界」の終着点.jpg2009年4月、プラハで「核兵器なき世界」演説をしたオバマ大統領は、その年の11月に初の訪日。「在任中に(被爆地を)訪れることができたら光栄だ。私にとって非常に意味がある」と会見で語った。今年5月の広島訪問の始まりだ。

本書は、歴史的なオバマ大統領の広島訪問の経緯をきわめてクリアに描き出す。まず、オバマの思想・哲学・理念だ。それは思想性に満ちたプラハ演説、広島での17分間に及んだ演説に明らかであるとともに、ジョン・F・ケネディ大統領が掲げた核軍縮というレガシーがオバマに引き継がれている。

そして人だ。くしくもキャロライン・ケネディが駐日米大使であり、積極的に行動したということ、2010年8月6日に米国の代表として初めて広島の平和式典に参列したルース前駐日大使。地ならしとなったケリー国務長官の広島平和記念公園訪問。そして国務省とホワイトハウスの人物の温度差。推進する大統領副補佐官ローズ。

さらに国際情勢等の環境。何よりも日米関係の好転。ウクライナ危機、G8崩壊、オバマ訪日、キューバとの国交回復、イラン核合意、米大統領選挙へのクリントンとトランプ、謝罪ではない広島訪問歓迎の世論と米有力紙の支持・・・・・・。

「点」から「線」へ、「線」から「面」へ――吉野さんは、「オバマの広島訪問」を立体的に時間軸のなかで、くっきりと浮き彫りにしている。


資本主義の終焉、その先の世界.jpg近代資本主義は「より速く、より遠くへ、より合理的に」進展することで展開してきたが、もはやフロンティアは消滅し、先進各国は低成長時代に入った。利潤率は低下し、利子率を大きく減少することになってしまっている。長い16世紀の低利子率が中世を終わらせたように、長い21世紀の低利子率は近代資本主義を終わらせようとしている。「より近く、よりゆっくり、より寛容に」歩まざるを得ないポストモダンの新潮流を直視していくことが大事だ、という。

「政府は無理な成長戦略をやめよ」「中間層が破壊されている先進各国は、格差是正に取り組まざるを得ない」「ゼロ成長社会は、一攫千金を担っている人にとっては退屈な社会だが、文化・芸術等、精神的豊かさを求めようとすればエキサイティングな時代だ」「成長戦略よりも格差拡大をストップする所得の再分配政策を(いずれは消費税を20%ぐらいにして再配分に回す)」「所得の高い国のなかで日本は格差の小さい国だが、拡大は始まっている」「環境、安全、健康のいずれをとっても、成熟という点では日本は最優等生。いまや"成長戦略"ではなく、成熟の果実を享受し、維持することが重要」・・・・・・。

水野さんは、歴史的、巨視的、思想的に「21世紀の利子率革命」等の潮流を俯瞰し、榊原さんは、日本と各先進国の経済状況を数字を示して分析している。


マチネの終わりに.jpg天才ギタリストの蒔野聡史は、二歳年上の海外の通信社に勤めるジャーナリストの小峰洋子に出会う。洋子にはアメリカ人のフィアンセのリチャードがいたが、二人は運命的ともいえる恋愛に一気に進む。そこに割って入る蒔野のマネージャー・三谷早苗。恋愛、嫉妬、未練、相手への思いと配慮、葛藤、精神性が影響する音楽の世界とジャーナリストの世界、噴き上がる衝動、抑える理性、親子の深き絆・・・・・・。こんな文章があるかと思うほどの精緻でうねる表現は心持よく、静かであるがゆえに心深く迫る。

「人は変えられるのは未来だけだと思い込んでる。だけど実際は、未来は常に過去を変えてるんです。変えられるとも言えるし、変わってしまうとも言える。過去は、それくらい繊細で、感じやすいものじゃないですか?」――人は過去を変えながら今を生きる。「恋の効能は、人を謙虚にさせることだった。年齢とともに人が恋愛から遠ざかってしまうのは、愛したいという情熱の枯渇より、愛されるために自分に何が欠けているかという、十代の頃ならば誰もが知っているあの澄んだ自意識の煩悶を鈍化させてしまうからである」「洋子は、彼を愛し始めているはずの自分の中にさえ、その天分の眩しさに対して、一握りの嫌な感情の存していることを寂しい気持ちで認めた」「孤独というのは、つまりは、この世界への影響力の欠如の意識だった。・・・・・・」――。そして「ギターを手に掛けて、数秒間、じっとしていた。それから彼は、イェルコ・ソリッチの有名な映画のテーマ曲である≪幸福の硬貨≫を弾き始めた。その冒頭のアルペジオを聴いた瞬間、洋子の感情は、抑える術もなく、涙と共に溢れ出した。・・・・・・」。感動作。


大災害の時代  五百旗頭真著.jpg「未来の国難に備えて」と副題にあるが、地震が活性期に入っている今、本書は貴重であり、大事だ。しかも五百旗頭真氏は、阪神・淡路大震災で自ら被災し、東日本大震災では政府の復興構想会議議長を務め、熊本地震の今年は、熊本県立大学理事長を務めており、「くまもと復旧・復興有識者会議座長」を担っていただいた。その間、防衛大学校長でもあった。

歴史を観れば、日本には数回の著しい地震活性期が明確にあった。貞観期(863~887)、慶長期(1586~1611)、元禄・宝永期(1700~1715)、安政期(1854~1859)、平成期(1995~?)だ。1995年の阪神・淡路大震災に始まり、鳥取地震、中越地震、中越沖地震、岩手・宮城内陸地震、東日本大震災、そして熊本地震――。首都直下地震、南海トラフの地震津波にどう備えるか、まさに時代の課題である。巨大災害必須のなかで、さらに備えを加速させなければならない。

本書は近代日本の関東大震災、阪神・淡路大震災、東日本大震災について、災害の状況、種類、危機管理、応急対応、復旧、創造的復興など、その全容を示している。また、関連する大災害として明暦の江戸大火や、明治と昭和の三陸津波、さらには1755年のリスボン地震なども視野に入れて論じ、消防・警察・自衛隊・海保などの国交省、民間や地域やボランティアの自助・共助の動きにも考察を加えている。今、私たちは何をすべきか。大事な本だ。

  • 1  2  3

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。前国土交通大臣、前水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

私の読書録アーカイブ

上へ