維新の影  姜尚中  集英社.jpg「近代日本150年、思索の旅」が副題。2018年は明治維新から150年目の節目の年。それに合わせて刊行された。この年は私も年頭からの会合で、司馬遼太郎の「『明治』という国家」を引きつつ挨拶をしたことがある。

明治以来の近代国家を急ぎに急いで築こうとした日本――。「殖産興業、富国強兵に励み、四つの島を中心とする『固有の本土』に沖縄など周辺の島嶼を『固有の領土』に組み入れ、やがて国境を越えて東アジアへと膨張していった国家の歩みは、敗戦という挫折を経て、不死鳥のように甦り、経済大国へとのぼり詰めていく」――。そのなかには光と影があり、影の中心の暗黒から光が逆照射される。100年前の夏目漱石の慨嘆であり、内村鑑三、新渡戸稲造、岡倉天心らは、それぞれ「日本人とは」との問いを発した。光と影どころではない。「近代日本の宿痾がどこにあるか」を静かに語り続けている場所と人に、姜尚中さんは足を運ぶ。「エネルギーは国家なりを支え、今や廃墟となっている軍艦島や三池炭鉱の廃坑、女たちの哀歌」「メトロポリス・TOKYOの片隅や超過疎の球磨村など」「東京北区にある教科書の図書館・東書文庫や地方の国立大学・新潟大学」「人生儀礼の連鎖を斧で断ち切った東日本大震災や熊本地震の現場」「崖っぷちの農――秋田県大潟村の今」「海が語り継ぐ日本の宿痾・水俣病とそれを放置した差別構造」「足尾鉱毒事件と渡良瀬遊水地、谷中村滅亡」「長野五輪、大阪万博の『無邪気なほどにポジティブなエネルギーが満ち溢れていた』あの時と今、そして未来」「ハンセン病、相模原障害者施設殺傷事件の"差別という病""優性思想"」「沖縄戦と米軍基地」「在日のコリアタウンと国家のしずく」・・・・・・。

「歩き思索した旅」で感じたのは「国家というものの酷薄さ、むごさだった。・・・・・・私はそれらの背後に国家の影を見ないわけにはいかなかった」「政治家には、そうした国家の相貌を国民のために血の通ったものに切り替える役割が与えられているはずだ。経世済民とはそのことを意味している」「歴史はただその都度、勝利をかっさらっていく人々のためにあるのではない。歴史のなかで消えていった名もない人たち、失意と苦難のうちに天を仰ぎ自らの境遇を呪いながら果てていった人々。そうした歴史の墓場に打ち捨てられた人々を甦らせ、破壊されたものを寄せ集めてつなぎ合わせることができれば、私はそうした死者のなかにいる父や母に再び会える。そのような夢を見ることがある」「私の旅は、死者も生者も含めて、そうした"相続人"たちと出会う邂逅の喜びに満ちていた。近代日本は、そうした人々を輩出してきたのであり、そこにこそ、この国の希望が宿っているのである」と思索の"拠点"を語る。近代日本の大事な"歴史の主役"が、実はここにあることを剔り出す。本当にそうだ。


類 朝井 まかて.jpg文豪・森鴎外を父にもった末子・森類の幸福と不幸、家族の真実――。子どもの人格をどこまでも尊重し、親切を尽くした慈愛あふれる鴎外、子供が直面する不条理や理不尽を引き受け、"悪妻"と非難されたり衝突した"世間の父親"のような損な役割を果たした母・志げ。しかし夫を愛し、恋い続けた「鴎外にこの妻あり!」との思いが読み進んで感ずる。類の姉の自由思考の茉莉、しっかり者の杏奴はともに文才を生かす。頼りなく生活力もなかった"お坊ちゃん"の類と二人の姉とは「森家のきょうだい(森類)」をめぐって"口もきかない内輪揉め"状況も続くが、文豪の子としての襟度や良家の育ちの良さが"愛情の絆"として滲み出る。

「あなたは生存競争に参加せず、悠然と暮らしたいだけの人なのよ。森鴎外というお人が充実し過ぎていたんだわ。あなた、お父様に全部持っていかれてしまったのよ(妻・美穂)」「父親が偉大すぎて、息子は何一つその天資を受け継げなかった」「僕の、本当の夢。それは何も望まず、何も達しようとしないことだ。質素に、ひっそりと暮らすことだ」「子供たちがこの母親(美穂)に寄せる愛情と信頼は、類がたじろぐほどに深い。生活能力と野心に欠けた夫を支え、旨い飯を拵え、清潔な衣服と寝床を常に整え続けてきた」・・・・・・。

父とあまりにも違う人生、異なる生き方――。「僕はこの日在の家で、暮らしているよ。何も望まず、何も達しようとせず、質素に、ひっそりと暮らしている。ペンは手放していない。波音を聞きながら本を読み・・・・・・」。

茉莉、杏奴、そして母。大正11年(1922年)60歳で没した文豪・鴎外の妻子それぞれが、背負い格闘した姿とその心性が描かれる。


51nh-xocmKL__SX314_BO1,204,203,200_.jpg「私にとって五木さんとの対談の最大の成果は『吹っ切れとる』『デラシネ』で生きることが、『私たちはどう生きるか』の問いに答えるヒントになることを教えられたことである」(姜尚中)――。五木寛之さんは、生後まもなく朝鮮に渡り、47年に引揚げる。姜尚中さんには「静謐な『悲しみ』の感覚が姜さんの身辺に漂っているようだが、その冷静さの背後にあるものが、じつは地底のマグマのように熱く激しい情熱であることを小説『母―オモニ―』は伝えてくれる。冷静どころか阿蘇の大山よりも熱いマグマを底にひそめた静けさなのだ」(五木寛之)という。「デラシネ」は悲哀に満ちた「根無し草」と否定的に使われるが、「力ずくで土地から根扱ぎ(ねこぎ)された人々」であり、「移植されることでより強くなった草」を指すと考えれば、「難民として漂流して生きていくのだったら、そこで生きていく思想とか希望というものをつくり出さなければならない」(五木寛之)、「運命です。難民としての運命を引き受けるしかない」(姜尚中)という。

日本の歴史において「躁の時代」と「鬱の時代」があり、今は「鬱の時代」。その運命を引き受け、「諦める(あきらかに究める)」ことで新しいスタートができる。「中間とか中庸ということばは、過不足がない平均的な感じがして、曖昧に思われるかもしれないが、本来は鵺的なものも含むとてもダイナミックなもの」「美術は優しいメロディーを聴いていうちに心が変化するように、無意識のうちに感性を変革する強い力をもっている」「明治には明るさと暗さがある。漱石は明治という時代に対してアンヴィヴァレントだった」「落地成根。働く場所がふるさとだ」「海外の今の状況は外部の力によって無理やり追われ移住させられる漂流。航海者でなく漂流者」「自由というものは限られている。かなり限定されている。その中で人間は動いていかざるをえない。それを受け入れる覚悟。そこで初めて自由になるのかもしれない」「社会の許容範囲が狭くなればなるほど、人を裁きたくなる。黒か白かを。・・・・・・今の世論や風俗の現象は、ものすごく狭隘なものが跋扈して、効率、生産性で計算して社会保障などで"無益な人"という存在は否定される。・・・・・・西部邁さんは人を批判はするが裁いてはいなかった」・・・・・・。

西部邁、廣松渉、高橋和巳、網野善彦・・・・・・。著作でなじみのある人々があまりにも共通して驚いた。


大分断.jpg「マクロン大統領は当初期待された"民主主義の体現者"ではない。マクロンが民主主義を壊す。フランスはアメリカやイギリスなどの国々と同じくエリートと大衆の分断に直面している。それには高等教育の発展が密接に関わっている」「ドイツは東欧の安い労働力で生産した製品を、ドイツを経由して他国へ輸出する"ドイツ帝国"ともいうべき経済システムをつくり上げた。緊縮財政と予算収縮の政策で、ギリシャ、イタリア、スペイン、ポルトガルの経済を破壊した。ユーロ圏内では、ベルリンからの指令、つまりドイツの意向に従うしかなくなった」「教育が社会を階級化し、分断を進めている。高等教育が無能なエリートたちを生み出し、教育は支配階級を再生産するためのものとなった。その高等教育を受けた一部の特権階級が、自由貿易を社会に押し付け、教育の階層化が進み、高等教育を受けた若者も自由貿易によって苦しむようになった。マクロンの権力側に対して、"黄色いベスト運動"、エリート対大衆の闘争が始まった?」――。発言はかなり激しい。それは、フランス生まれで歴史家、文化人類学者、家族構造に関して詳しい人口学者という独特の立場から発するものだろう。

「社会階級闘争は教育階級の闘争に取って代わった。ブレグジット賛成派、フランスの極右政党である国民連合、トランプに票を投じる有権者たちは社会の下層部にいる人々だ。自由貿易を賞讃する経済学者が跡を絶たないにもかかわらず、人々は保護主義に票を投じた」「ブレグジットはポピュリズムではない。民衆の決断をエリートが汲み取る。これこそが民主主義が機能している証拠だ。ポピュリズムとは大衆がエリートを失った状態」「疲弊した大衆は保護主義を支持した」「グローバリゼーションというのは、モノと資本の自由な流通という点に限る。グローバリゼーションは終わるが"世界化"は終わらない」「保護主義は本来、民主的な仕組み」「国内の分断と民主主義の崩壊が同時に起きている」「保護主義とは国家による規制の一種。自国の内部を自由化しながらも外部に対しては自国を保護するという手法は矛盾しない」・・・・・・。

民主主義、グローバリゼーション、移民、格差、その根底の教育と揺れる各国・・・・・・。大胆に発言をしている。


銀閣の人  門井慶喜著 .jpg室町幕府第8代将軍の足利義政――。1435年に生まれ、1490年に没す。応仁の乱(1467年~1478年)のさなか、「わび」「さび」の美を体現する建築を構想し、東山殿・慈照寺銀閣を建てた。在職24年、妻は日野富子。息子は第9代将軍・義尚で、富子が溺愛し、なんと将軍就任の9歳から酒におぼれ、義政に先立ち25歳で病死した。後継者争いに執念を燃やした富子にとって、義尚の孤独な死は大きな誤算だった。

すでに幕府の力は衰えていた。それを象徴するかのように義政の父・義教は義満の実子だが、なんと"くじ引き"で選ばれ第6代将軍となった。しかし傀儡に徹するどころか逆に「政治への野心は無限」であり、大名討伐を企て行動したが、最終的には赤松満祐によって殺害される。その"血の海"に6歳の三春(義政)は居合わせ恐怖した。乳母"おいま"に抱きしめられる。

"下剋上"の権力闘争が繰り広げられ、幕府の力は更に落ちる。その政治に関与したのは富子であり、義政は政治に背を向け、己の美意識を「わび」「さび」の文化の極致・慈照寺銀閣、その東求堂に今も残る部屋「同仁斎」に凝縮していく。お互い別の者を後継者にしようと応仁の乱まで起こした義政と富子の夫婦――二人の愛憎は激しく、義政は政治とも距離を置いて銭もない。孤独な将軍義政は、「"充足の美"ではなく"不足の美"」「政事より文事」「『わび』(侘び)どころか、その先の『さび』(錆び)へ」「四畳半における世界との交歓、世界と個人の対等な屹立」「孤独の空間における世界との対峙」「金をかけて地味をつくる」「閑静枯淡」への道を突き進んだ。義政の死後、下剋上の暴風は日本を覆い、将軍も"流れ公方"となり、大名同士の戦争に巻き込まれていく。

めまぐるしく動く、室町のど真ん中、義政と富子とその子・義尚の心の底を剔り出し、その後の日本文化に大きな影響を与えた源流「銀閣」をあわせて鮮やかに描いた作品。公明新聞に連載して好評を博した。

<<前の5件

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

私の読書録アーカイブ

上へ