20190828_110627.jpg

「外濠の水質浄化を」「東京を水の都に」――。27日、公明党東京都本部の「水と緑の回廊PT」(顧問=太田昭宏、座長=竹谷とし子参院議員)は、都庁でPTを開き、東京都の都市整備局、建設局、下水道などの関係5局と意見交換を行いました。これには、竹谷としこ参院議員、都議会から小磯善彦都議会議員(副座長)、上野和彦都議会議員(事務局長)など多数の都議会議員と、関係各区の区議会議員らも参加しました。

このPTは「東京を水の都に」をめざし、水質の悪い外濠を浄化し、あわせて日本橋川などの水流を舟運・観光のできるものにしようと取り組んできたもの。東京都からは「しゅんせつ工事の施行状況」「下水道による対策状況」「都市整備局の外濠の水質浄化に関する検討」について報告がありました。

国と、東京都や関係各区・地域団体などと連携しないと実現できない大プロジェクトであり、その推進力が公明党です。推進に力を入れます。


1566834766491.jpg 1566834767601.jpg

荒川の洪水を食い止める――。26日、荒川の洪水対策の視察に、埼玉県の荒川第一調節地、第二調節池の建設予定地等に行きました。これには、西田まこと参院議員、岡本三成衆院議員、薄井こういち都議会議員、深谷けんじ埼玉県会議員、青木ひろこ北区議会議員、また、荒川の洪水対策に真剣に取り組んでいる近藤やよい足立区長らも参加しました。

荒川の洪水対策では「首都東京で洪水を起こさせないことが最も重要」。今回の整備事業は、平成16年に完成した彩湖(第一調節池)の上流に当たる羽根倉橋から開平橋までの約11kmの河川敷に荒川第二、第三調節池を整備するもので、私はその推進役となってきました。約13年で1700億円の整備事業で、第二調節池の事業が動き始めています。

この日は、まず彩湖(第一調節池)に直行。彩湖自然学習センターで概要の説明を受け、彩湖全体を視察。そして、第一調節池の越流堤(本流から調節池へ水を流す場所)など現在の状況を確認しました。次にこれから工事が始まる第二調節池予定地に行き、進捗状況を視察しました。

雨の降り方もおかしく、激甚化、局地化しており万全の対策が必要です。埼玉、東京のためにも最重要の整備事業となります。


1566781268853.jpg 1566781275389.jpg

厳しい暑さが続く24日、25日の土日、地元の自治会・町会の「東京大塚阿波おどり」「子供相撲大会」「盆踊り」「防災納涼大会」「踊りの発表会」など、多くの行事が開催されました。

今年で47回目となった「東京大塚阿波おどり」は、現在では高円寺に並び、都内屈指の規模と歴史を誇ります。今年も17連1000人を越える踊り手が参加し、迫力のある踊りで大変な盛り上がりを見せました。猛暑のなか、運営をして下さった関係者の方々に心から感謝します。

1566781278400.jpg 1566781281538.jpg


20190825_084855.jpg

24日(土)、公明党奈良県本部の夏季議員研修会に出席し、じっくり研修・懇談をしました。

全県から45名の議員が集合、次の戦いへの息吹き漲る盛りだくさんの研修会となりました。先の参院選で、御杖(みつえむら)村は、公明党の議員がいないにもかかわらず、国会議員と連携し、得票率が全国2位になったことで注目を集めました。

私は「公明党は太陽の党だ。大衆福祉の党だ。議員はその地域の太陽として地域で困っている人のために尽くすこと。誰よりも地域行事にマメに参加し、地域の課題に体を張って動くことだ」「議員は人脈をつくり、力をつけ、庶民の目線で迅速に手を打って仕事をすること。政治は結果だ」などと挨拶をしました。


1566179679549.jpg 1566179680791.jpg

猛暑となった17日、18日の土日ーー。 地元では「ドジョウつかみ大会」「子ども縁日」「特養の納涼祭」「祭礼」「盆踊り大会」など多くの行事が行われ、出席しました。

東京では37℃となった土曜日は、直射は激しく、様々な工夫をしながらの行事となりましたが、子どもたちの元気な姿が印象的でした。

猛暑のなか、行事運営にご尽力いただいた町会・自治会の役員の皆様には本当に感謝です。

1566179681989.jpg 1566179683462.jpg

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

つれづれ所感アーカイブ

上へ