20221001_102203.jpg

10月1日、いよいよ「新しい働く仕組み」である労働者協同組合法が施行――。その前日となる9月30日、都内で施行記念の前日祭が行われました。

この労働者協同組合法は、「働く者たちが自ら出資して仕事を起こし、経営にも携わる」「地域や暮らしに必要な仕事は自分たちで立ち上げよう」との挑戦から始まり、2020年に成立したもの。「働くということは、雇われて、その下で仕事をする。しかし、協同・連帯して働く『協同労働(協働)』という働き方はできないものか」という挑戦です。

この日のイベントに出席した私は「源遠ければ流れ長し――。この法律は、私にとって20年も前に、笹森清連合会長や坂口力厚生労働大臣から話を受け、公明党の同僚・桝屋敬悟衆院議員らが受け継いで、多くの方々の熱意と挑戦を受けて成立した。いよいよ施行となり、万感胸に迫るものがある。高齢となった友人たちも、まだまだ自分で働きたいという人が多い。仲間で共に仕事を立ち上げ、共に働く仕組みができたことは大きい。多様な働き方を実現しつつ地域の課題に取り組む具体的展開が進むことを期待する。今後もよろしくお願いいたします」と述べました。公明党から桝屋敬悟さん、中川康洋衆院議員が出席しました。


27日、安倍元総理の国葬が行われ参加しました。9月15日発行の日刊ゲンダイ「検証安倍晋三政権8年8ヶ月」の特集号で、「政治家インタビュー」で発言をしました。紹介いたします。

日刊ゲンダイ.jpg


20220926_100630.jpg 1664263318059.jpg

25日、公明党全国大会を開催。来春の統一地方選挙の勝利、2年後の結党60年を目指し、決意新たにスタートを切りました。この9月は、「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆の中に死んでいく」の党創立者が示した立党精神から60年です。どこまでも生活現場に徹し、生命の尊厳・人間主義に立脚し、行動第一主義で戦うことが求められています。難問山積の日本――安全・安心の勢いのある国づくりへ、気迫を持って共々に進みたいと決意しています。参加しました。


1663550735688.jpg

17日、地元滝野川の「祭り」行事が3年ぶりに縮小して行われ、何箇所か回りました。コロナ禍で行事が次々と中止となり、町会の方々と会うのが久しぶりの方も多く、大変喜んでいただきました。こちらが嬉しく楽しく。「道路を町会に確保してくれたので、このようにテントが張れました」「縮小しても3年ぶりのお祭りができてうれしい」との声。岡本三成衆院議員、宮島おさむ北区区議会議員と共に回りました。


「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆の中に死んでいく」との立党精神が党創立者から示されたのは、昭和37年9月13日、公明党の前身である「公明政治連盟(公政連)」第1回全国大会。この日から60年――。「『大衆とともに』60年に寄せて」の手記を公明新聞に寄稿しました。ご紹介します。

大衆と共に3.jpg

<<前の5件

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任。前公明党代表、前党全国議員団会議議長、元国土交通大臣、元水循環政策担当大臣。

現在、党常任顧問。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

つれづれ所感アーカイブ

上へ