DSCF0615-1.JPG DSCF0571-2.JPG

10月23日は慶応から明治に改元されて150年。政府主催の「明治150年記念式典」が憲政記念館で行われ、出席をしました。この改元の記念日に合わせ、神奈川県大磯にある「明治記念館大磯邸園」が一般公開されています(12月24日まで)。大磯は伊藤博文や大隈重信をはじめ、明治政界の大物が別荘や邸宅を構え、「明治政界の奥座敷」と呼ばれていました。明治維新から150年にあたる本年、政府はこれらの歴史的建造物や緑地を一体的に保存・活用するため整備を進め、このほど公開となったものです。

先日大磯に行き、大隈重信邸や陸奥宗光邸などを、実際に建物の中に入って見ることができました。大隈公の肉声演説や大日本国帝国憲法、掛軸などのほか、日本庭園、応接室、食堂や五右衛門風呂など、歴史的遺産と生活感を感じることができました。

また、私の地元北区にある「古河庭園」は元々、陸奥宗光邸だったこと(陸奥の次男が古河電工の古河家に養子になった)もあり、大磯にある陸奥邸と密接に関係することがわかり、大変興味深い思いがしました。

DSCF0551-3.JPG DSCF0658-4.JPG


LRG_DSC00868.JPG

臨時国会が24日、開幕しました。会期は12月10日までの48日間。しっかりした論戦を展開します。

大切なことは、まず、補正予算を早期に成立させることです。補正予算の中身は、今年相次いだ自然災害からの復旧・復興への取り組みです。河川の強化や土砂崩れ対策、学校のエアコン設置や危険なブロック塀への対応を急ぐための予算です。また、法案では、外国人労働者の受け入れの入管法改正や、中央省庁の障がい者雇用水増し問題等から発する障がい者雇用対策、水道法、風力発電を促す法案などが焦点です。

どこまでも直面する課題について生活者目線で取り組みます。あわせて、来年度の消費税上げについての準備等をはじめとする税制改正にも取り組んでいきます。

また私は、懲罰委員会と情報監視審査会に所属し、今日は情報監視審査会が開かれました。


田端新町.jpg

秋晴れの21日、多くの地域行事が行われました。「連合町会の運動会」「豊島市場まつり」「北区剣道大会」「長寿を祝う会」‥‥‥。スポーツの秋にふさわしい1日となりました。

田端運動会.JPG 剣道大会.JPG

運動会は、小中学校が5月、幼稚園・保育園と連合町会・町会・自治会は10月が多くなっています。

連合町会の運動会では、各町会対抗のリレーなどが大盛上がり。楽しい1日となりました。行事の運営に携われた方々に感謝です。

豊島青果市場.JPG 敬老会.JPG


赤羽文化センター.JPG 板橋区民まつり.jpg

いよいよ文化・芸術の秋──。秋晴れとなった20日土曜日、地元では「赤羽文化センターまつり」や「滝野川西ふれあい館文化祭」「板橋区民まつり」「小学校の創立100周年記念行事」「保育園の運動会」「敬老会」などが行われ、参加しました。

「文化センターまつり」は、文化センター利用団体や町会・自治会、地域サークルの発表会。「作品展」と「文化芸術・芸能」の発表など多彩。経済や町の賑わいとともに「心の豊かさ」を育む大切な行事です。発表を通じて、多くの方々と交流、懇談ができました。

滝野川西まつり.JPG


視察1.JPG 視察2.JPG

10月12、13日、北海道に行き、「北海道胆振東部地震」の被災地を視察・調査。また、佐藤英道衆院議員の政経セミナーに出席しました。これには若松謙維参院議員(来年の参院選予定候補)、秋元克広・札幌市長等が参加しました。

今回の地震で液状化が発生した札幌市清田区――。激しい地盤沈下に伴い、住宅や道路が陥没したほか、上下水道も破損。従来の液状化とは違い、地下水や川など、この地域独特の要因が加わって引き起こされたもので、被災メカニズムをよく精査したうえでの復旧策が必要です。まず何よりも、被災した住民の住まいと生活の支援。そして、地盤の広範囲にわたる再生・整備の具体策が重要であり、同行した吉岡亨札幌市副市長とも打ち合わせをしました。

また政経セミナーに先立ち、秋元克広市長の案内を受けて、札幌のオリンピックミュージアムと大倉山ジャンプ競技場を視察しました。札幌市は、1972年以来の「冬季オリンピック・パラリンピック」の開催地を目指しています。それまでに新幹線の札幌延伸、アンビシャス道路(高速)の完成、北海道の空港のコンセッションなどを行い、観光と食料を軸とした「世界の北海道」へ向けての発進です。

視察3.JPG 視察4.JPG

<<前の5件

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。前国土交通大臣、前水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

つれづれ所感アーカイブ

上へ