【つれづれ所感】

無題

2008年10月30日


太田あきひろです。

今日30日、政府・与党で金融危機を受けての新たな追加経済対策を決定し、発表しました。
大規模な26.9兆円に及ぶ景気対策(真水5兆円)です。定額給付(給付型定額減税)、住宅ローン減税の大幅拡充、雇用対策の充実、子育て支援、更なる中小企業支援、高速道路料金の引き下げ、地方への支援など、公明党の主張がガッチリ入ったものです。明日の新聞に報道されますが、公明新聞には公明党としての角度を明示します。

私は、1、2、3日の3連休、徹底して街頭で訴えます。

【つれづれ所感】

無題

2008年10月27日


太田あきひろです。

今朝、日暮里駅で朝の街頭演説をしました。
日暮里駅は荒川区ですが、日暮里・舎人ライナーを使い、足立区のみなさんが利用され、日暮里駅で乗換えをします。

平成20年3月30日にスタートした日暮里・舎人ライナーは、利用客が1000万にも及び、「便利になった」「通勤時間が20分短縮された」など喜びの声が溢れています。平成19年度開通をなんとしてもと奔走した私にとっても嬉しいかぎりです。

沿線の地域発展の為にも更に努力をしてまいります。

【つれづれ所感】

無題

2008年10月24日


太田あきひろです。

今日(10月21日)、衆院本会議において、海上自衛隊によるインド洋での給油・給水活動を継続する補給支援法改正案が可決されました。

わが国が現時点で成しうる安全で現実的なテロとの戦いへの取り組みです。
これはテロ対策での国際協調であるとともに、原油の大部分を中東に依存しているわが国としての輸送の安全を確保するものです。

最近の世論調査をみても、賛成する人が多くなっている状況です。

【つれづれ所感】

無題

2008年10月24日


太田あきひろです。

新潟県北魚沼郡川口町を中心に起きた中越地震(2004年10月23日)から4年がたちました。その後も福岡県西方沖地震(2005年3月20日)、能登半島地震(2007年3月25日)、新潟中越沖地震(2007年7月16日)、など各地で大地震がおきています。

私はすぐに現場に急行して、激甚災害法の指定など様々な対策をとらせていただいてきました。今年の岩手・宮城内陸地震(2008年6月14日)の時にも、地震の起きた翌日に被災地に急行し、視察を行い、政府に早急に復旧支援を行なうよう要請させて頂きました。
今年5月の中国・四川大地震の直後、福田前総理と会談し、学校の耐震の促進を決めさせていただき、先日成立した補正予算でもこれまでにない支援策を盛り込ませました。

私は、大学時代に耐震工学を専攻しましたが、これからも先頭に立って地震対策に積極的に取り組んでいきます。


太田あきひろです。

昨日(17日)、二階経済産業大臣と会談、緊急保証制度について種々の要望をしました。この制度は、中小企業への貸し渋り、貸し止めに対し、融資が円滑に行なわれるようにしたものです。

補正予算(16日成立)で、約4000億円を予算化し、約9兆円の貸し出しが可能になりましたが、喜びの半面、現場での厳しいチェックを中小企業の方々が懸念しており、この打開を要望したものです。

結果は大変な前進。「対象業種が185から530に大幅に広がった(初めて530という数字が示された)」「銀行と保証協会が2対8の責任共有制度がありましたが、今回の対象者は、100%保証協会がやる」「赤字企業は今まで門前払いされていましたが、今回はそうではなく、温かい対応にする(二階大臣は22日、全国の保証協会を集めて徹底すると約束した)」「10月31日から前倒し実施する」こととなりました。

今日の各紙に報道されているとおり(公明新聞トップなど)中小企業の方々に大変な反響です。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。前国土交通大臣、前水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

つれづれ所感アーカイブ

上へ