にじの森保育園.jpg保育所を公園に設置――。28日、参院本会議で都市緑化法改正が可決•成立。国や自治体の都市公園内に保育所など社会福祉施設が設置できるようになりました。子育てなどの具体的前進です。

きっかけになったのは、安倍自公政権になって規制緩和を推進、国家戦略特区を創設しました。そのなかで、「公園内に保育所を」と真っ先に手を上げてきたのが荒川区•西川太一郎区長。公園は国交省の管轄で、私が国交大臣としてこれを推進、強力に進めました。西川区長、地元の公明都議•区議と連携し、この4月1日に、荒川区の都立汐入公園内に「にじの森保育園」がついに開園しました。

今回の改正法は、この流れを特区だけでなく全国に展開。まさに国•都•区のネットワークで不足が問題となっている社会福祉施設が広がることになりました。

公明党荒川議員団 汐入公園.jpgまた、今回の改正法では都市農業も大きく前進――。市街化区域内の都市農地で税制上のメリットが受けられる生産緑地の面積要件も500平米から300平米に緩和。小規模な都市農地の保全や都市農家の税負担軽減を促します。画期的な法改正です。


※太田の政界ぶちかましNO,105でも「都市緑化法改正」について書いています。ご覧ください。
https://www.akihiro-ohta.com/vision/2017/04/no105.html


飯能市議選②.jpg7月2日の都議選が注目されていますが、今年は1月の北九州市議選をはじめとして、倉敷市議選、前橋市議選、静岡市議選、富山市議選など大型選挙が連続しています。いずれも大変なご支援を賜り、激戦を勝利させていただいています。

22日、私は埼玉県・飯能市議選(23日投票)に駆けつけ、3人の候補の勝利を訴えました。松橋律子、栗原義幸、中元太の候補者はいずれも行動力抜群で、実績豊富です。

また午後には都議選支援を訴えに回りました。


憲法審査会 170420①.jpg

20日、衆院憲法審査会が行われました。今回のテーマは「国と地方の在り方(地方自治等)」で、4人の参考人(いずれも大学教授)が意見陳述、質疑が行われました。

今年は日本国憲法施行70周年を迎えます。公明党は現憲法は優れたものであると認識し、憲法3原理を堅持し、時代の進展とともに提起されてきた新しい項目を付け加えて補強する「加憲」の立場です。私は2000年の衆院憲法調査会以来、ずっと論議に係わってきました。憲法を論ずることは国の形を論ずることであり、より「重厚な論議」が今、大事だと考えています。


桜を見る会① 170415.jpg

15日、暖かな日差しのなか、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」が東京・新宿御苑で行われました。

各界から招待された約1万6千人の方が集まり、歓談をしました。

安倍首相は「4年連続で2%を超える賃上げを実現することができた」 「働き方改革を進め、皆が活躍できる社会を作っていけば日本はもっとよくなっていく。これからも様々な困難があるが乗り越えていきたい」と挨拶。

私も参加したたくさんの方々と挨拶・懇談をしました。時折、風が強く、桜吹雪が舞うなかでしたが、参加された方々の晴れやかな笑顔が印象的でした。

桜を見る会② 170415.JPG 桜を見る会③ 170415.JPG


北谷端公園 170409②.jpg 飛鳥山170409.jpg

桜満開の8、9日の土日は、あいにくの小雨となりました。

地元では、駿台学園高等学校の入学式が厳粛に行われ、また滝野川では「桜まつり」、飛鳥山など桜の名所では人が集まりました。

公明党は8日、全国県代表協議会を開き、7月2日投票の東京都議選へ党の総力を結集して勝ち抜くことを誓い合いました。

全国県代表協議会170408.jpg

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。前国土交通大臣、前水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

つれづれ所感アーカイブ

上へ