トレセン 161227①.jpg トレセン 161227②.jpg

オリンピック・パラリンピックの選手強化を推進――。27日、北区西が丘の「味の素ナショナルトレーニングセンター」を視察。現状のトレセンの課題や新施設などについて、福田富昭元センター長(日本レスリング協会会長)、JOCの笠原強化部長代理らと懇談しました。これには、大松あきら(都議選予定候補=北区)、橘せいごう(都議選予定候補=板橋区)の各都議が参加しました。

私はこれまでも幾度となく訪れ、オリンピック選手を激励し、施設の拡充に力を入れてきましたが、この日も卓球の石川佳純選手や平野美宇選手、女子レスリングでは登坂絵莉選手、土性沙羅選手、川井梨紗子選手などリオ五輪のメダリストたちが練習をしていました。選手、コーチから「年末年始も休まずトレーニングに打ち込みます」と聞き、トップアスリート達のひたむきな姿勢に心を打たれました。

現在のトレセンから道路を挟んで斜向かいの南東側に新たなナショナルトレーニングセンターの増設が決まっています。これから建設される新施設は、2019年の完成予定で、「アーチェリー」「射撃」「水泳」などの各専用のトレーニング施設や、パラリンピック競技の「車椅子バスケットボール」「ボッチャ」「ゴールボール」などのトレーニング施設が供用体育館として整備されます。

2020年の東京大会での活躍が期待されます。さらなる支援をしていきます。

トレセン 161227③.jpg


野球 161224.jpg 踊り 161225.jpg

23、24、25日の三連休。穏やかな日となりました。地域では「もちつき大会」「子ども広場」「スポーツや芸能の納会」「火の用心」など、多くの行事が行われました。

とくに今年は学校が23日から18日間にわたる「冬休み」という異例の年。各行事に子ども連れでの参加がめだちました。楽しく有意義な「冬休み」になればと思います。

多くの方といい懇談ができました。

もちつき 161223②.jpg 合気道 161223.jpg


17年度予算案概要.jpg

22日、17年度政府予算案が決定されました。一般会計総額は97.4兆円、歳入は税収が57.7兆円で、リーマンショック後の民主党政権で37.4兆円の時があったかと思うとかなりの高水準。新規国債発行も前年度より622億円減らし、34.3兆円です。歳出は一般歳出が58.3兆円、最大の歳出項目の社会保障関係費は過去最大の32.4兆円になりました。私がとくに関係してきた公共事業は5.9兆円でほぼ横ばいで、防災・減災・老朽化対策と成長に寄与するインフラのストック効果があるものへの選択と集中という柱が貫かれたものです。

同時に決まった16年度第3次補正予算では、今年に台風が直撃して大被害となった北海道の復旧と再度災害防止に、大幅な約700億円投入することができました。

特徴的なのは公明党が主張してきた「子育て支援として保育士の賃上げ」です。賃金を約2%引き上げた上で、7年以上の経験のあることなどを条件に月4万円をさらに上乗せ、自公政権下で保育士給与は約10%の上昇です。介護士の処遇改善も入っています。また、「教育に力を入れ、奨学金の充実」が図られ、ついに「返済する必要のない給付型奨学金」が創設されます。観光や海上保安体制の強化にも目配りされています。

「一億総活躍」「働き方改革」「成長と分配の好循環」を考えた来年度予算です。来年の通常国会において成立を期します。


保育ママ 281216.jpg子育てを応援しようーー。16日、足立区の保育ママの現状と課題について視察を行いました。これには高木美智代衆院議員、中山信行都議会議員、薄井浩一区議会議員(ともに都議選予定候補=足立区)、厚生労働省や足立区の担当者らが出席しました。

「保育ママ」が自宅などで行う家庭的保育における食事提供は、現行制度では「自園調理」が原則となっています。その一方で調理員の確保が難しいことや、弁当持参を希望する親もいることから、柔軟な対応の必要性が指摘されています。

この日はまず足立区本木南町にある保育ママ施設を訪問しました。0歳から2歳までの5人のお子さんを受け入れている仕事の状況や自園調理の現場を視察、様々な意見を聞きました。その後、足立区役所において保育ママの方々にきていただき仕事の現状、自園調理が難しい状況や親が作るお弁当が子育ての上で望まれていることなど多様な要望をいただきました


もちつき①.jpg

11日、青空が広がり快晴。師走になり、地域ではいっせいに「もちつき大会」が行われました。お子さんたちの"もちつき体験"なども行われ、盛り上がりました。

特に今年は、どの会場も衛生管理に気をつけており、私も手洗いをして、マスクをかけて、お餅をつきました。参加している方々とも懇談をしました。

もちつき②.jpg もちつき③.jpg

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。前国土交通大臣、前水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

つれづれ所感アーカイブ

上へ