トルコ レセプション.jpg  トルコ 展覧会.jpg

10月29日、トルコ共和国の建国記念式典が、東京神宮前の同国駐日大使公邸において開催されました。またエルトゥールル号の当時の記録についての展覧会のオープニング式典も行われ、私もテープカットに加わりました。今年は建国90周年の記念年。安倍総理夫人の昭恵さんを始め、閣僚、国会議員、和歌山県串本町長など多数の来賓が駆けつけ、式典は大変な賑わいでした。

トルコ、といえばイスタンブールが東京と2020年の夏季五輪の開催地を争ったことが記憶に新しいですが、日本との関係は123年前の1890年にさかのぼります。トルコ共和国の前身、オスマン帝国の使節団を乗せ、和歌山県串本町沖で遭難したエルトゥールル号。乗組員581人が死亡する大事故でしたが、串本町住民の必死の救助により、69人が救出されました。このときの献身的な支援がトルコ人の心を打ったと言われ、以来、友好関係が続いています。

また、トルコではこの日、安倍総理も出席し、ボスポラス海峡横断鉄道の開通式が行われました。アジアとヨーロッパがついに海底地下鉄(全長13.6km)で結ばれました。しかもこの大事業を担ったのが日本の建設会社。世界最深の海底60m、複雑な海流のなか、沈埋トンネルの難工事をやりとげ、日本の技術水準を世界に見せつけました。

昨日は、官邸で政府の経協インフラ輸出の会議も開催。成長戦略の柱でもあり、国交省が重要な役割を担います。




つれづれ1028①.JPG
台風一過、雲一つない青空が広がった27日(日)、秋の地域行事がいっせいに行われました。

先週の雨で順延となった連合町会等の運動会、市場のオータムフェスティバル、区の文化祭・合唱祭や柔道大会、ボーイスカウトフェスタ、福祉施設のバザーや祭りなど・・・・・・。素晴らしい天候もあって、晴れやかに大いに盛り上がりました。

昨日までの台風のこと、気象情報や避難のこと、地域の課題、2020年東京オリンピック・パラリンピックやリニア新幹線のことなど、さまざまな声を聞きました。


つれづれ1028②.JPG


伊豆大島④.JPG  伊豆大島③.JPG
10月19日、去る16日に台風26号による甚大な被害を受けた伊豆大島の被災現場に行き、被害状況や対応状況の確認と今後の対策について打合せを行いました。

この度の災害でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々に対し心からお見舞い申し上げます。

まず、ヘリコプターで上空から土砂崩れ、泥流の発生状況を確認。火山灰土壌の表層が崩落する表層崩壊が起き、それまで川がなかったところに流れていく「河川争奪」という現象が発生したことが確認できました。「まさか山が崩れてくるとは思わなかった」「元々の地形が分からないくらい変わってしまった」というのが地元の方の声でした。

その後、国土交通省から現地に派遣して活動するTEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)や海上保安庁から活動状況の報告を受け、打合せをしました。台風27号も発生し、島民の方々は大変不安になっており、今後の二次災害を防ぐことが何より大事です。危険箇所の調査、監視カメラによる24時間監視など、避難を判断するための的確な情報を町に提供するようにしました。

最も大きな被害を受け捜索活動が続く神達地区のほか、崩壊が起きている北部の岡田地区、泉津地区の現場を視察して状況を確認。町役場では川島理史町長と、二次災害の防止など今後の対応の打合せをしました。役場には国土交通省の職員がリエゾンとして常駐。町・都・国の連携の要となっています。

救命・救助・救出、二次災害の防止に全力を挙げていきます。

伊豆大島①.JPG  伊豆大島②.JPG




区民体育大会1014①.JPG  20131014NTC.JPG

10月14日は「体育の日」――。地元・北区では「第61回区民体育大会開会式」が行われ、各競技団体が集いました。

また、オリンピックなど日本のトップアスリートを育てる施設・ナショナルトレーニングセンター(北区西が丘にある)では、「スポーツの祭典2013」が開催され、2万人にも及ぶ参加者がメダリストなどと交流しました。とくに子ども達はメダリストとの交流で大喜び。ここが2020年東京オリンピックの選手強化の拠点となります。充実に力を入れます。



小牧 線路 1014.jpg  小牧 1014.jpg

10月13日、愛知県小牧市にあるJR東海の小牧研究施設を訪問し、新幹線システムを支える技術開発の状況を視察しました。小牧研究施設は73haの広大な敷地に、多数の実験用の施設と装置を有する総合的な研究施設です。東海道新幹線が走って49年。安全な走行が最も大事ですが、安全性や快適性の向上を図るため、車両の改良、脱線・逸脱防止装置の開発と軌道やトンネル、橋梁の大規模改修工法等の研究が日々行われています。実物大の科学技術実験が、徹底して行われていることを感じました。

その後、三重県鈴鹿市に移動。観光庁を管轄する国土交通大臣として、鈴鹿サーキットで行われたF1日本グランプリの表彰式に参加しました。最高速度が300kmを越える中で繰り広げられるレースは迫力満点。レース終了後には、優勝ドライバーのセバスチャン・ベッテル選手(ドイツ)に優勝トロフィーを授与しました。年間19戦行われるF1シリーズは、トータルで180カ国、5億人以上がテレビ観戦する世界最高峰のモータースポーツイベントです。F1日本グランプリにも、3日間の大会期間中、国内外から約17万人の観客が訪れました。大変盛り上がりました。あの凄まじい音と緊迫感が、何時間たってもズシンと全身に残っています。

表彰式4_(1024x768)1013.jpg  F1 グリッド.jpg





プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。前国土交通大臣、前水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

つれづれ所感アーカイブ

上へ