小牧 線路 1014.jpg  小牧 1014.jpg

10月13日、愛知県小牧市にあるJR東海の小牧研究施設を訪問し、新幹線システムを支える技術開発の状況を視察しました。小牧研究施設は73haの広大な敷地に、多数の実験用の施設と装置を有する総合的な研究施設です。東海道新幹線が走って49年。安全な走行が最も大事ですが、安全性や快適性の向上を図るため、車両の改良、脱線・逸脱防止装置の開発と軌道やトンネル、橋梁の大規模改修工法等の研究が日々行われています。実物大の科学技術実験が、徹底して行われていることを感じました。

その後、三重県鈴鹿市に移動。観光庁を管轄する国土交通大臣として、鈴鹿サーキットで行われたF1日本グランプリの表彰式に参加しました。最高速度が300kmを越える中で繰り広げられるレースは迫力満点。レース終了後には、優勝ドライバーのセバスチャン・ベッテル選手(ドイツ)に優勝トロフィーを授与しました。年間19戦行われるF1シリーズは、トータルで180カ国、5億人以上がテレビ観戦する世界最高峰のモータースポーツイベントです。F1日本グランプリにも、3日間の大会期間中、国内外から約17万人の観客が訪れました。大変盛り上がりました。あの凄まじい音と緊迫感が、何時間たってもズシンと全身に残っています。

表彰式4_(1024x768)1013.jpg  F1 グリッド.jpg




プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ