0323 保安大学校.JPG23日、広島県呉市にある海上保安大学校の卒業式が行われ、出席しました。海の警備や救難などにあたる海上保安庁の幹部養成の教育機関です。全寮制で厳しい4年間の教育訓練を受け、人格・見識・気力・体力を磨いてきた卒業生だけに、凛々しく、式典は感動的でした。海上保安庁の果たす役割はますます大きくなるだけに、私は期待をこめて祝辞を述べました。

マリン視察0323.JPG
また、世界最先端技術の造船所、ジャパンマリンユナイテッド(株)の呉工場を視察。ここは戦艦大和を造った所ですが、巨大なものづくりの迫力ある現場とその技術力を目のあたりにしました。成長戦略、ものづくりの原点でもあるだけに、世界の激しい競争の中で勝ち抜く環境整備をと思いました。頑張ります。



20130322つれづれ①.JPG
防災・減災は日本だけでなく、世界各国の重要なテーマです。昨日21日、各国との防災協力でEUやタイの主要幹部と続けて会談を行いました。

タイのプロートプラソップ副首相との会談では、昨年の日・タイ首脳会談で合意した「防災協働対話」の早期の開催、タイの治水対策への我が国企業の参画など2国間の防災協力につ

いて意見交換を行いました。

また、EUのシュヴァイスグート駐日欧州連合代表部大使と会談し、日・EU間の防災協力の強化について正式に合意しました。これは、2011年の日・EU首脳会談を受けたもので、来週

の日・EU首脳会談を前にして当局間で合意したものです。

いずれも、防災先進国として日本のすぐれた技術や経験を提供する大きな意義を持つものです。

世界の防災をリードすべくしっかり頑張ります。



ジュニア空手0317.JPG東京では昨日、桜(ソメイヨシノ)の開花宣言がありましたが、3月17日の日曜日も暖かな日となりました。

このなかで地元では少年少女柔道大会やジュニア空手道選手権、少年野球大会などスポーツ行事が盛んに行われ、子どもたちの元気な声が響きました。

2020年オリンピック東京招致に向け動き出しておりますが、青少年の育成にご尽力をいただいている地域の方々に感謝です。

また「太田さん、早くスポーツ庁の設置を」などの声もいただきました。

しっかり頑張ります。



WS000000.JPG

東日本大震災から2年―。東日本大震災2周年追悼式に出席し、追悼の誠を捧げました。

昨日10日、岩手県を訪れ、達増拓也県知事と懇談、復興に関する要望を受けました。

また、午前11時から行われた「宮古盛岡横断道路 簗川道路 開通式」に出席。「命の道路がやっと開通した」との喜びの声を聞きました。

その後、津波で甚大な被害を受けた宮古市の田老地区を訪れ、防災集団移転促進事業の計画について、山本正徳市長から現状の説明を受けました。被災地では、道路などの基幹インフラは復旧が進んできていますが、遅れているのは住宅とまちづくり。仮設住宅などに住んでいる地元参加者からも、「1日でも早く災害公営住宅に移りたい」との切実な声が寄せられました。

高台移転は、土地の取得等が隘路になっていますが、宮古市田老地区は、岩手県で最も多い285世帯の建設に向けて進もうとしています。

手続きの簡素化をはじめ、できることは何でも支援し、「復興実感」を進める覚悟です。

しっかり頑張ります。 


仙台視察③.JPG
東日本大震災から2年―。今年は何としても「復興を実感することができる年」にしなければなりません。

道路などの基幹インフラの復旧は、かなり進んできていますが、「まちづくり」と「住宅」の遅れが目立ちます。

昨日3月3日、仙台市に行き、村井嘉浩・宮城県知事、被災自治体、建設業団体、資材関係団体に出席していただき、入札不調や生コンなどの資材不足、技術者・技能者の不足などの諸問題を解決するための「復興加速化会議」を開催、現場の意見を聞くとともに、打開策の調整を行いました。

また、それに先立ち、仙台南部海岸の堤防復旧工事(生コンを極力使わないようコンクリート製品を活用)や、砂・砕石を置くヤード、生コン製造のプラントを現場視察しました。

地域によってずいぶん状況が異なっており、現場に即した手立てを組み立てることが重要だと改めて実感。広域での連携強化や国としてのプラント建設を私として打ち出しました。

頑張ります。



  • 1

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。前国土交通大臣、前水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

つれづれ所感アーカイブ

上へ