DSCF1334相撲2.JPG太田あきひろです。
 青空と思えば突然の集中豪雨、このところ気候不順の日々です。

 

  27日、28日の土、日は雨もなく、納涼祭や盆踊り、子ども大会など地域行事が多く行われました。地域の方々の大変なご尽力のおかげです。

 

  足立の舎人では、子ども相撲大会。近くにある境川部屋の豪栄道、豊響をはじめとする関取、力士にも手伝っていただいて盛況。学生時代は相撲部だった私も、体を動かしたくなるほどでした。子どもが、地域や土やスポーツにふれることはものすごく大切です。地域の方々に感謝です。

 


太田あきひろです。

 円高がさらに進行。19日夜には円相場が一時、75円95銭となり、戦後最高値を更新しました。欧米の財政不安、世界経済の先行き不安が強まったことによるものですが、事態は深刻。大企業・中小企業と懇談しても、「円高、電力不足、政治の混迷の3つだけは、とにかく何とかしてほしい」との悲鳴。被災地では、「現場の気持ちが全く政権はわかってない」との怒りの声。「遅い、にぶい、心がない」というあきれ果てた民主党政権への批判。いずれの現場も「ポスト管は誰か」どころではない。大変な状況です。

 

 円高については、いつも思うのは傍観しているかのような政府・日銀の後手・後手。しかし、世界経済はリーマン・ショックからちょうど3年。欧州、米国、日本、中国それぞれが、国際金融危機の後遺症をひきずりながら国際金融危機の第二幕に突入したという巨視的な構造認識に立つことが大切だと思います。各国に共通するのは、政治の混迷、政策の手詰まり、為替切り下げ競争、そして世界同時株安です。

 

市場介入や追加の金融緩和策を早急に進めるべきことは当然ながら、日本のデフレ・財政難・少子化問題、そして大震災を踏まえたうえでの積極的な経済戦略が不可欠です。

 

 スピードも戦略も弱すぎる今の日本、これを打開しなければなりません。頑張ります。

 


備蓄倉庫-thumb-240x180.jpg太田あきひろです。
 東日本大震災の復旧・復興、福島原発問題、そして円高と株安連鎖、電力不足......。緊急課題が山積し、スピードある政治対応が不可欠です。菅民主党政権は「遅い、にぶい、心がない」状況ですが、進めなければ日本も国民生活も沈没します。決まらない政治を決めさせるよう頑張ります。


 首都直下型地震への備えもこの夏の課題。東京の場合は、津波というよりも「建物の倒壊と火災」への備えがより大切です。


 今日9日、隣接する板橋区加賀中を北・板橋両区の区議さんと視察。ここは、深井戸からくみ上げる飲める地下水の施設、医薬品の備蓄など、地域のために防災対策を充実させています。避難場所から備蓄品に至るまで、全ての面で、地域の防災強化に頑張ります。


>>続きを読む

  • 1

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。前国土交通大臣、前水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

つれづれ所感アーカイブ

上へ