20210922_114720.jpg

19日、20日の連休――。地元を回り、街頭演説も行いました。コロナ禍であり、地域の人流はやはり抑えられている感じがしました。20日は敬老の日。高齢者は3640万人、総人口の29.1%に上昇して過去最高。就労者も25.1%に上昇。がん対策・フレイル予防など医療・介護・年金の社会保障とともに、働く場の多様な選択肢が求められています。長引く「コロナ」の流行が、高齢者の健康や日常生活に影響を与えています。しっかり取り組みます。


20210919_151238.jpg台風の影響で雨模様となった18日、地元地域を回りました。「ワクチンや治療薬などのコロナ対策の状況」「台風など災害対策の地元の現況」など、さまざま懇談をしました。

また、夕方からは大塚天祖神社の「令和3年 氏子各町清祓行列」が行われました。例年の祭礼とはまったく違う縮小した行事となりました。大塚駅南口広場からは、各町会の提灯も加わっての行列となりました。


1631501473270.jpg

曇り時々雨となった12日(日)、地元を岡本みつなり衆院議員とともに回りました。

「コロナワクチン」「子供の学校のこと」「商店街の人出や、コロナ対策の努力」など、様々な懇談をしました。ワクチンと抗体カクテル療法等の"2つの武器"が現場に浸透し始めているようです。コロナ対策の加速と拡充に更に頑張ります。


Screenshot_20210910-090311.jpg9日、新型コロナ感染症の緊急事態宣言について、発令中の北海道、東京、大阪など21都道府県中のうち、宮城と岡山県を除く19都道府県で延長することを決定。9月30日まで延長することを決めました。 新規感染者数はやや減少傾向にあるものの、警戒を緩めることなく、しっかりした対応が重要です。

感染抑制で大切なのは、①人流の抑制②ワクチン接種③治療薬の推進――の"3本の矢"。なかでもワクチン接種が、昨日現在、全国で1回目が60%、2回目が49%と、進んできました。 9月に更に接種が進むよう供給量の獲得に現場で努力をしてきましたが、若者への接種も含め頑張ります。また「3回目のワクチン獲得と無料で」を党として強く要請しています。もう一つが治療薬です。軽症・中等症患者への「抗体カクテル療法」が始動し、「都内で約1500人に投与、約75%の患者が症状改善」との報告や、それ以上の「95%回復」というデータもあって有効。更に「飲み薬」タイプの治療薬の開発承認が進められ期待されています。「抗体カクテル療法」「レムデシベル」等、治療薬が動き始めたことは「ワクチン」「治療薬」という2つの武器を手に入れたことになります。それも含めて医療体制の拡充は最重要なカギです。全力で頑張ります。


1630896418860.jpg5日(日)、地元を回り、街頭演説も行いました。

岡本みつなり衆院議員と共に行った街頭演説で、岡本さんは「ワクチン接種をさらに加速します」と訴え、地元接種量の拡大に力を入れ実現したことを報告。荒川の洪水対策に大規模な第2、第3調節池の建設を推進、さらに前倒しで使用できるようにしたことを話しました。

私は「政治家は仕事をすること、政策を実現することが何よりも重要。政治は結果だ」「『命を守る! 生活を守る!』に全力をあげる」「コロナ対策では医療体制の拡充こそ急務。3回目のワクチン接種に備え、ワクチン獲得と『3回目無料』を実現する」「生活を守るために、子育て世帯への10万円相当のポイント給付を行うことが重要」などと強調しました。

<<前の5件

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

つれづれ所感アーカイブ

上へ