1014257.jpg 1014262.jpg

青空が広がり快晴となった13日――。地元では、「東京北リトルシニアの卒団式」が、新型コロナ感染防止のため、今年は荒川のグランドで行われました。

昨年の台風19号によってグランドが壊滅的な泥まみれになり、今年2月に整備が終わったところで、また「コロナ」。練習や試合が思うようにできず、大変ななかで頑張ってきた中学生です。私は卒団する中3生を激励しました。

また、夕方には、板橋駅東口で年賀提灯の点灯式があり、歓声とともに提灯が点灯。イルミネーションとは一味違う柔らかな光で、魅了されました。これは滝野川さくら通り商栄会(中田寿会長)により設置されたもの。式では、ブレイクダンスや新鮮組ゆかりの殺陣パフォーマンスも披露され、盛り上がりました。

1014280.jpg 20201214_015535.jpg


防災・減災、国土強靭化への対応、インフラ整備の緊急性について語ります。
藤井聡・京都大学大学院教授と対談。

・12月13日(日)19:00~20:00
※番組内15分ほどの出演
※12月20日(日)にも出演予定


20201207_113825.jpg

6日、地元では、防災訓練やソフトボール大会などが行われました。赤羽西連合自治会の防災訓練は、様々なコロナ対策を行っての開催となりました。地域の方々だけでなく、自衛隊や消防署・消防団も参加し、VR防災体験車や地震体験車、煙体験ハウスなど、多くの訓練が行われました。

「水害だけでなく、地震対策もきわめて重要」と挨拶しました。

1607306134862.jpg 1607306132887.jpg


20201204_174102.jpg 20201204_174111.jpg

4日、第203回臨時国会が閉幕しました。コロナ禍での国会でしたが、菅総理の所信表明で、コロナ対策、生活・企業・医療への支援とともに、公明党が主張してきた「携帯電話料金の値下げ」「不妊治療への保険適用」「デジタル庁の創設」「2050年にカーボンニュートラルを目指す」等をテーマとし、41日間の論戦が行われました。

今国会では、さまざまな法案が成立しましたが、先日(12/2)、改正予防接種法が成立し、新型コロナウイルスワクチンの希望者全員への無料接種ができるようになりました。

また、議員立法が6本成立をしましたが、そのうち3本は公明党がとくに主導した「労働者協同組合法」「令和2年7月豪雨の義援金差押禁止法」「生殖補助医療法案」です。労働者協同組合法は、公明党の桝屋敬悟衆院議員がこの10年以上、懸命に頑張り抜いて、ついに全会一致で実現したもの。労働者自らが資金を出し合って経営に携わる「協同労働」を行う団体に対し、労働者協同組合という法人格を認め、新しい働き方が可能となる大変意義のあるものです。

これから、「2020年度第3次補正予算」「2021年度税制改正大綱」「2021年度の本予算編成」等のヤマ場にさしかかります。

しっかり頑張っていきます。

衆議院本会議終了後、菅首相から御礼の表敬を受けました。

20201204_174122.jpg


20201130_012554.jpg 20201130_115550.jpg

穏やかな日となった28日、29日――。さまざまな行事が行われ、参加しました。

28日、「北区立滝野川第4小学校の創立100周年記念式典」が行われ、大正9年から震災や戦争での焼失を経て今日に至るまで、地域とともに多くの人が育ってきた歴史に接しました。

29日は、天皇皇后両陛下のご臨席をいただき、議会開設130周年記念式典が国会で行われ参加しました。

明治23年11月29日に第1回帝国議会が開設され、明治、大正、昭和、平成、令和と数多くの困難を乗り越えて、本年(令和2年)で130年の節目を迎えました。国権の最高機関として、今日に至る歴史と重要性をあらためて感じました。

どの行事も新型コロナ感染拡大防止を徹底しての行事となりました。

この日は、地元北区の赤羽駅西口で岡本みつなり衆院議員とともに街頭演説を行いました。

<<前の5件

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

つれづれ所感アーカイブ

上へ