1566781268853.jpg 1566781275389.jpg

厳しい暑さが続く24日、25日の土日、地元の自治会・町会の「東京大塚阿波おどり」「子供相撲大会」「盆踊り」「防災納涼大会」「踊りの発表会」など、多くの行事が開催されました。

今年で47回目となった「東京大塚阿波おどり」は、現在では高円寺に並び、都内屈指の規模と歴史を誇ります。今年も17連1000人を越える踊り手が参加し、迫力のある踊りで大変な盛り上がりを見せました。猛暑のなか、運営をして下さった関係者の方々に心から感謝します。

1566781278400.jpg 1566781281538.jpg


20190825_084855.jpg

24日(土)、公明党奈良県本部の夏季議員研修会に出席し、じっくり研修・懇談をしました。

全県から45名の議員が集合、次の戦いへの息吹き漲る盛りだくさんの研修会となりました。先の参院選で、御杖(みつえむら)村は、公明党の議員がいないにもかかわらず、国会議員と連携し、得票率が全国2位になったことで注目を集めました。

私は「公明党は太陽の党だ。大衆福祉の党だ。議員はその地域の太陽として地域で困っている人のために尽くすこと。誰よりも地域行事にマメに参加し、地域の課題に体を張って動くことだ」「議員は人脈をつくり、力をつけ、庶民の目線で迅速に手を打って仕事をすること。政治は結果だ」などと挨拶をしました。


1566179679549.jpg 1566179680791.jpg

猛暑となった17日、18日の土日ーー。 地元では「ドジョウつかみ大会」「子ども縁日」「特養の納涼祭」「祭礼」「盆踊り大会」など多くの行事が行われ、出席しました。

東京では37℃となった土曜日は、直射は激しく、様々な工夫をしながらの行事となりましたが、子どもたちの元気な姿が印象的でした。

猛暑のなか、行事運営にご尽力いただいた町会・自治会の役員の皆様には本当に感謝です。

1566179681989.jpg 1566179683462.jpg


20190815街頭.jpg

令和になり、初めて迎えた終戦記念日の15日――。東京・池袋で行われた公明党の8・15終戦記念日街頭演説に出席、演説を行いました。これには山口那津男代表、髙木陽介東京都本部代表、髙木美智代、岡本三成の各衆院議員、竹谷とし子、塩田博昭の各参院議員、長橋けい一都議会議員が出席しました。

私は演説で「世界は不安定化している。その要因は難民と格差の拡大にある」「大事なことは、粘り強い交流・対話をすることだ。対話を閉ざしてはならない」「交流は首脳交流、経済交流が大事だが、その礎を築く文化・芸術・スポーツの交流、そして観光交流だ」「豊島区でも文化・芸術交流として、東アジア文化都市に指定され、積極的に活動している。秋には歌舞伎や宝塚も行われるハレザ池袋が本格オープンする」「スポーツ交流では、いよいよラグビーワールドカップ2019日本大会から東京2020オリンピック・パラリンピックを迎える」「訪日外国人は昨年3119万人と増加した。その推進力は公明党だ」などと述べ、交流・対話こそが平和の礎であることを訴えました。


IMG_7895.jpg 1565487804894.jpg

10日、党長野県本部(代表=太田昌孝衆院議員)の夏季議員研修会に出席、懇談・研修をじっくり行いました。長野県は統一地方選で飯田市で初の県議選で勝利するなど、議員が増加。女性議員も4割を越えるなど、勢いのあるところです。

私は「公明党は民衆と社会を照らす太陽の党だ」「党員・支持者の声を忘れず、地域の柱の存在になろう」「地域を愛し、常に庶民の力を知りゆくことだ」など、自身の日常活動を紹介しつつ話をしました。大事なのは「マメに動くこと」「反応と答えを速くすること」「地域で信頼される存在になること」を強調しました。

<<前の5件

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。前国土交通大臣、前水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

つれづれ所感アーカイブ

上へ