20190507_021945.jpg 20190507_022032.jpg

緑が鮮やかで、青空が広がった5日(日)、地域では文化・芸術・スポーツの緒行事が行われました。

飛鳥山公園では、「津軽すこっぷ三味線演奏会」が開催され、多くの家族連れの方が集いました。私は「飛鳥山公園の一角に渋沢栄一が長年住んだ住居があり、渋沢栄一資料館もある。歴史や文化の豊富な王子。観光にも恵まれている」と挨拶。庶民の元気が広がりました。

また、6日(月)には「北都民踊舞踊大会」が開催され、芸術の素晴らしさを噛み締めました。

1557162571147.jpg


20190502_174941.jpg

令和の時代が始まりました。2日、72年目を迎えた憲法記念日の公明党街頭演説会を都内で開催。山口代表、高木(陽)国対委員長、高木(美)衆院議員、竹谷参院議員らとともに出席しました。

私は、「歴史の節目の時には、人は長期的視野に立つものだ。2000年を迎えた年には、衆参で憲法調査会が始まり、21世紀の国の形を議論する未来志向の憲法論議を開始した」「今、令和の時代が始まった時に、10年後、20年後の日本を考え、やるべきことをやるということが大事である。特に人口減少・少子高齢社会、AI・IoT・ロボットの急進展、レベルが格段に上がった災害という3つの構造変化に鋭くダッシュすることが重要だ」「人口減少・少子高齢社会を迎えるには、全世代型社会保障が重要である。それは子育て支援、教育支援、働き方への支援とともに、人生100年時代への備えが大事であるということだ。そのためには、健康寿命(男性71.2歳、女性74.7歳)を延ばすことが大事であり、がん対策、認知症対策、フレイル予防に力を入れることだ。公明党はその先頭に立ちたい」「AI・IoT・ロボットの急進展は、社会全体を激変させる。それは成長と利便性を促すとともに、情報の争奪戦やサイバーテロというデリケートな社会を招くことでもある。その備えが重要だ」「防災・減災では、頻発する風水害対策とともに、大地震なかでも首都直下地震や東海・東南海・南海地震への備えが重要である。防災・減災に全力を挙げる時が今だ」などと話しました。


統一地方選挙の後半戦である一般市・東京特別区・町村議選は21日に投票。後半戦で公明党は286市議選に901人、20区議選に150人、142町村議選に171人の計1222人を擁立し、全員当選しました。

女性の当選者は政党最多の439人。市議選は、政党別当選者数で7回連続の「第1党」を達成。区議選も「第2党」の座を死守しました。言葉に尽くせぬ真心からのご支援に心より感謝申し上げます。


20190417_105240.jpg 20190417_105453.jpg 

統一地方選の後半戦――。14日(日)の告示以来、文京区、豊島区、板橋区、大阪府、大田区、目黒区など、激戦地の候補の支援に走っています。

各区とも候補が多数立候補しており、激しい戦いとなっています。しかし公明党の候補はいずれもよく動き、実績豊富です。「政治家は仕事をすることが大事」「政治は結果」と懸命の訴えをしています。

20190417_104457.jpg 20190417_100930.jpg

20190417_101848.jpg


1555206638482.jpg

13日(土)、青空が広がるなか、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」が東京・新宿御苑で行われました。

遅咲きの八重桜が満開のなか、全国・各界から招待された約1万8千人の方が集まり、歓談をしました。参加者の明るい姿が印象的でした。

私も多くの方々と挨拶・記念撮影・懇談をしました。テレビ等でも活躍しているタレントの方々も数多く参加し、大変盛り上がりました。

IMG_7184.JPG 19800101000035.JPG

20190413150049.jpg 20190413150130.jpg

<<前の5件

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。前国土交通大臣、前水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

つれづれ所感アーカイブ

上へ