日本経済論の罪と罰.JPG「これ以上の経済成長は必要ない、という"脱成長論"は誤りで、経済成長は重要、経済成長は七難を隠す」「人口減少・市場縮小論は誤り」などに始まり、「公共投資と成長」「日本型雇用慣行と人口オーナスへの対応」「市場原理や格差など、小泉構造改革にまつわる誤解」「TPP問題」「アベノミクスと財政再建、社会保障改革」......。

誤った経済論、スローガンや枕詞でつくられる経済論を排さないと、危機にある日本の経済と財政は本当に危いと、小峰さんは危機感を訴える。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ