君命も受けざる所あり.jpg「波浪は障害にあうごとに頑固(堅固)の度を増す」――という言葉があるが、巌の如き人生と戦いと、正義と情愛が、この本には満ち溢れている。
そして、哲学と思想があり、歴史のなかで格闘してきたがゆえの経験、蓄積のすごみを感じる。今の政治家に、哲学・思想がないこと、修羅場をくぐり抜けた経験の乏しいこと、そして国を考える、国を担う気概がないことこれらを痛く感じる。

師弟、友情、愛。「起伏の多かった私の人生は数多くの偶然と果報に恵まれた」と書いているが、私には「人生は価値創造」「人生は闘争」であることを体現し、さらにそこを突き抜けた境地がせまってくる。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ