この国を作り変えよう.jpg中高年層に利益が集中する日本。この既得権益を手放そうとしない「団塊の世代」に代表される「品格」おやじが講釈をぶつこと自体をぶっ壊せば、「空が青く抜けた」(野坂昭如)状況が生まれる。
「30年後の日本を語る"未来の内閣"をつくろう」「地方は自然に戻そう」「金融危機は潮目を変える大チャンス」「日本を知識集約立国に転換せよ」「経済犯の罰金を不正利益の十倍ルールに」「正規社員と非正規社員の区別撤廃を」「年金制度は解散せよ」――など、ズケズケという。

話ははずんでいるし、はっきり未来を描けと叫んでいる。この国を作り変えようという若い頼もしい力だ。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。前国土交通大臣、前水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ