希望を捨てる勇気.jpg雇用がかなりの部分を占めるが、じつは本質的論議が示されている。副題に「停滞と成長の経済学」とあるとおりだ。「今の日本に足りないのは希望ではなく、変えなければ未来がないという絶望ではないか」と池田さんはいう。

日本にとって最大の課題は、手詰まりとなった財政・金融政策ではなく、日本経済の長期的な潜在成長率を高める政策だ。

GDPは資本・生産性・労働力の三要素だから、その実力自体をアップする。金融・労働市場の改革によって生産要素の移動を促進する改革が大切だ。新しい産業の投資機会を増やすこと。古い産業構造を解体して起業する。また起業意欲こそが成長のカギであるから、そうした意欲をもつ仕組みに変えること。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。前国土交通大臣、前水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ