まるまるの毬.jpg
麹町6丁目の裏通りにある小さな菓子店・南星屋――。その看板娘・お君、その母親・お永、お永の父親・治兵衛、その弟・石海(五郎)。治兵衛は、諸国の名物菓子を拵え、毎日、店の前には行列ができ、すぐ売り切れる。評判の店だ。


そうした日常のなかに、事件・難題が持ち込まれる。一人一人が相手のことを思う、その心情がじわっと伝わってくる。江戸の町の人情は心持良い。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ