鷹ノ目 犬飼六岐著.jpg時は元亀4年(1573年)、信長が京を焼いた頃。咎人を捕えて褒美を稼ぐ渡辺条四郎。一文字の輩の末裔。逃亡者の痕跡を見つけ出すことに長け、"鷹ノ目"と渾名される。痩せ馬に乗っているのはユーモラスだが、短弓の名手だ。「荒野をさまよう男ひとり。心に秘めたる悲願あり」とあるが、戦国時代の混乱、策略渦巻くなかで、「煮ても焼いても、とうてい喰えない」というのは、条四郎の親父だけでなく、女人も子供も村人もしたたかだ。「生きる」ことがいかに至難であったかを感ずる。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ