070119日本とフランス 二つの民族主義.jpg民主主義と自由主義はいっしょと思うかもしれないがそうではない。もう一つ民主主義のなかには平等主義の概念がある。この本には「不平等か、不自由か」という副題がついているが、リベラル(自由主義)こそが民主主義だと日本は思いがちだが、アメリカ型の自由主義とフランス型の平等主義がある。

日本は憲法をみても自由ばかりが謳われる日本型「自由」偏重民主主義だが、フランス憲法は自由より平等を謳っている。社会民主主義だ。

イギリスの保守党は自由と小さな政府を、労働党は平等と福祉国家を謳う。とくに公共あるいは公的な領域、医療も教育も大学のあり方も、公権力の介入によって自由を制限して一部の独占を排し、格差を許容範囲に収めるのが平等化政策だ。

高福祉、高負担をめざした右派政党が賃金労働者を代弁すべきなのに、所得税、住民税の引き上げや付加価値税反対をいい、官から民を、そして税制緩和をいうのは、原理的におかしい。対立軸になってないという。官から民への安易さも指摘する。

またフランスの不安定雇用に対する猛烈な抵抗や、高福祉・高負担は高福祉の受益者は国民一般であり、「福祉を単なる弱者救済に還元するな」と指摘する。日本の未来の礎を考えるということは、今一度、そうした次元からこの国の形を考える時だ。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ