決断! 待ったなしの日本財政危機.JPG今年の予算は、なんといっても経済が再建されて、税収が伸びたこと、そして財政健全化に向けて、一歩を力を込めて踏み出そうとする強き意志によって成し遂げたものだ。社会保障関係費が一般会計で20兆を越えた時とともに、感慨をもって迎えた今年だ。

財政についてのいろいろな安易な論を「平成の子どもたちの未来のために」、矢野さんがいかにギリギリの所(もう越えている)まで来ているかを「ワニの口(一般会計の歳出歳入の推移)」「先進7か国の国・地方の債務残高(GDP比)の推移」にはじまり、データを駆使して、きわめて丁寧に示している。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ