すべては夜明け前から始まる.jpg「大韓民国CEO実用主義の大統領、李明博の心の軌跡」という副題がある。極貧の中で育ち、物ごいの隣に住み、ポンティギ売り、大判焼き売り、高校にも大学にも行けないほどの環境のなかでそれらを自らの五体に刻みつけながら挑戦し、乗り越えてきた、まさに踏み固めた不屈の人生がそこにある。その中には母親、そして父と兄、中学校の担任、現代グループの鄭周永元会長の存在がある。母の人生哲学と涙と闘争心。すごい人生の新大統領に期待したい。 

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ