太田あきひろです。
 
「すごい新聞がある。これで世の中の本当の動きが全部分かるぞ!」。「すごい!」が口癖で、何でも飛び付く父親が言った公明新聞創刊号のことを、私は今でも鮮明に覚えています。その公明新聞社に昭和46年に私は入社しました。初めて書いた記事は一段記事でしたが、見たくて見たくて、朝早く起きて待っていました。

昭和47年の衆議院選挙で敗北した時は若手職員で有楽町の駅に行って、メガホンで公明党と公明新聞の呼び掛けに寒空に立ちました。国会の生の激闘の場面を見て、公明党の活躍をもっと生き生きと書けないものかと苦闘しました。地方議員の取材に千葉へ行った時、「たまご丼」をご馳走になりましたが、議員さんは食べませんでした。後で即席ラーメンを食べていたことを知って、胸にこみ上げるものがありました。

公明新聞創刊15000号。そこには公明党を創り、育てて下さった方たちの真心、文字通り汗と涙があります。「ありがとうございます」という気持ちとともに、自民にも民主にもない、日刊紙を持っていることが、どんなに大きいものかを、感じています。

激動、スピード、変化――どうなっているのか分からない情報洪水の今、真実をブレなく伝える公明新聞の役割は限りなく大きい。15000号を期して、感謝とともに、全ての戦いに勝つために先頭に立つ決意です。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ