足立 街頭.JPG太田あきひろです。

G・Wが終わりましたが、東日本大震災は緊迫した状況が続いています。8日から激戦の足立区の区議選・区長選が始まっています。毎日、動いているなかで多くの人から直接の声を聞きます。「国はいったい何をやっているのか。会議ばかりで・・・・・・」「私のところは義援金も出した。物資も送った。被災地から人も雇い入れた。勿論、住む所も確保して」「危ないとか、停止とか言っているだけで、だったらどうするのかという対策をしっかり行うのが政治じゃあないのか」「ボランティアでG・Wは行ってきた。21日、22日は炊き出しのグループを編成して行ってくる」「政治は遅すぎる。本当の危機感がないからだ」「足立の荒川や隅田川にも津波や液状化があったがこれから大丈夫なのか」――。

 

  私も被災地に何度も足を運び、切実な声がただちに答えとなって返すことに頑張ってきました。「現場には匂いがある」「現場には空気がある」「現場に行けば優先順位がわかる」ことを実感します。現場と東京の政府とのスレ違いが大きすぎます。緊急事態の認識も分析も説明せず、「対応なしの言いっ放し政治」はさらなる不安をかき立てます。科学・技術も含めて安全を確保するとともに、安心の確保に全力をあげる行動――それが政治に求められていると思い、動いています。

 頑張ります。

 

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ