太田あきひろです。

 

  8日、中国の北京で「日中映画・テレビ・アニメ週間」の開幕式があり、訪中しました。

 

  中国側からは温家宝総理が出席、日本からは麻生元首相、日本の映像関係者などが参加しました。温家宝総理との会見でも、映画・テレビ・アニメの日中交流の重要性が語られ、「先日、震災で訪日した際も日本文化にふれることができた。SMAPにも会った。"おくりびと"を観たが、日本への理解が深まったように思う」(温家宝総理)、「日中両国政府がこうして映画・アニメに力を入れてくれてうれしい。継続してほしい」(山田洋次監督)など、いつもの政治会談とは異なり自由な語らいとなりました。中国では今、若い人たちは好日感情を持ち、特に日本映画や「ドラえもん」などのアニメは大人気。日本を知る大きな力となっています。秋には日本で中国の映画・アニメ週間が行われます。文化芸術は「反日や嫌中感情」を変える大きな力です。これまでにこうしたことにも私は力を注いできましたが、更に頑張ります。

 

  式典に前後して、蔡武文化大臣、楊外相、李肇星前外相等、多くの要人と有意義な会談を行いました。

 

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ