わたしが死について語るなら.JPG「日本人の心の底に流れる"無常観"」「日本には"無常"の風が吹いていた」――。生老病死、四苦八苦、諸行無常、日本人の自然観・無常観・人生観のなかから、"平等と個性の時代""ひとり恐怖の時代"を克服せよ。「ひとり」ですっと立って人生を歩きはじめよう、という。

北原白秋の詩「金魚」、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」「永訣の朝」、金子みすゞの「大漁」「海へ」「光る髪」、そして「源氏物語」「平家物語」など、改めてその境地を示してくれる。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ