団塊の秋.PNG
人生は長いようで短い。「時は流れない。積み重なっていくのだ」――カナダ、アメリカ15日間の旅を学生時代(卒業寸前)いっしょにした団塊の世代の男6人、女1人の7人のエリート。いずれも順風万帆どころか波瀾万丈。それは自ら数々の流行と需要をつくり、自ら時代をつくってきた団塊の世代自身の善悪を越えた宿命ともいうべき帰着点でもある。

その時代の風景とは何か。「2015年 さまよえる活力」「2019年 年金プラス10万円」「2020年 孫に会いたい!」「2022年 孫の進路」「2025年 養護センターまで2316歩」「2028年 電気守」とその特徴を予測して描く。団塊の世代と団塊ジュニア、そして孫――時代をつくる(つくってしまう)これら3世代へのエールとも感じる。未来の新聞記事が各章に付いている。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ