第2次安倍改造内閣①.jpg   会見0903.JPG

9月3日に発足した第2次安倍改造内閣で、引き続き国土交通大臣、水循環政策担当大臣を拝命しました。


安倍内閣の掲げる重要課題は、引き続き、「景気・経済の再生」、「被災地の復興加速」、「防災・減災をはじめとする危機管理」の3本柱。さらに、魅力あふれる元気で豊かな「地方の創生」もこの秋からの重要課題になります。国土交通省はこれらの課題の全てに重要な役割を担うため、実現に向けてしっかり取り組んでいきます。


総理官邸での初閣議、記念撮影の後、記者会見で私が強調したのは、まず第一に被災地の復興を加速化すること。三陸鉄道の全線開通や常磐道開通の報に多くの方が喜んだことを私自身、現場で感じてきただけに、「復興の実感」に全力を上げます。そして「防災・減災、老朽化対策、メンテナンス、耐震化」にさらに重点を置いて取り組んでいきます。巨大地震が切迫し、全国的に雨の降り方がこれまでと変わってきている中で、命を守るための取り組みを進めます。気象の変化、集中化・局地化・激甚化というステージの変化を直視し、「人命を守り抜く」ため真正面から取り組みます。


さらに、長期的視点を常に考えて進むことです。急激な人口減少、少子高齢化という問題に対し、7月に国交省でとりまとめた「国土のグランドデザイン2050」を具体化しながら、地方創生という新たなテーマにも力を入れます。


国交省は、インフラ、防災、交通、観光庁、海上保安庁、気象庁、水循環と幅広い分野を管轄しています。総合力を発揮できるよう頑張ります。


安倍総理はこの内閣を「実行実現内閣」にすると表明。私は国民生活の安全・安心と経済再生の実現に向けて、引き続き全力で取り組む決意です。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ