パートナーシップ会議280427.jpg4月27日、28日と、北海道の帯広に行き、道東活性化をめざしてのフォーラム、横山信一参議院議員の後援会発足式等に出席しました。フォーラム「ひがし北海道価値創造パートナーシップ会議」は、この度、閣議決定された「新たな北海道総合開発計画」の推進のために、オホーツク、釧路・根室、十勝の道東三圏域で活躍する若手経営者や、首長などが参加。地域づくり、人材づくりについて、それぞれの主張をしました。私はコメンテーターとして参加し、「地方創生には個性ある都市と都市が連携する連携革命が大切」「観光をはじめとして、人流・物流が増加する北海道をめざして頑張ろう」などの話をしました。

よこやま信一 280427.jpgそのあと、横山信一さんの「帯広後援会発足式」に出席して、約900名の参加者を前に、観光や港湾、道路整備など、これまでの取り組みについて、また北海道のポテンシャリティについて話をしました。今夏の参院選挙の勝利に向けての意気上がる会合となりました。

これに先立ち、幕別町にある「十勝ヒルズ」を視察――ここは「北海道ガーデン街道」と呼ばれる街道沿いにある、農と食のテーマパークです。そのあと、日本一の名産である長いも選別貯蔵施設・帯広川西農協に行って、長いも施設を視察し、組合の方からお話を伺いました。この地域からの長いもは、米国、台湾に輸出されていて、高い評価を受けています。

長いも工場 280426.jpgのサムネイル画像私もこれまで北海道は数多く行っておりますが、明治時代に依田勉三が開拓した帯広(「丈夫が 心定めし北の海 風吹かば吹け 浪立たば立て」の歌が名高い)は、今や「空気・水・お菓子の帯広」と言われており、他の北海道の地域にはない可能性を感じました。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ