1999年の王.jpg東京で保険金連続殺人事件が発生、内縁の男女が共犯で逮捕される。主犯は内縁の夫・安西俊貴、共犯は飲食店経営の若い女・北條和美で、被害者はいずれも高齢者で、北條と夫婦となって事故を装い殺されていた。

稀代の犯罪者、詐欺師「安西」は何故にこうなったか。共犯者・被害者は何故に巻き込まれ、逃げられなかったか。勝利者と思われる者(安西の兄)は何故に人生を失う破目になったのか。その過程を丁寧に語りつつ、緊迫した最終章に至る。

「何で生きてるの?」の問いが繰り返され、しだいに人生哲学の次元へと引き込まれる。「生きる意味」「生きる価値」「人生の勝者、敗者とは?」「強者と弱者」「支配と被支配の連鎖」・・・・・・。1999年とは「ノストラダムスの大予言」の年。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ