望郷.jpg瀬戸内海の白綱島が舞台。閉ざされがちな島の社会。一見、平穏な生活と思われるなかに、宿命との対峙、窒息しがちな生活が描かれる。最後は息づまる暗闇をパッと抜け、三変土田。光の世界が広がる。

「みかんの花」「海の星」「雲の糸」は先日、テレビドラマとしても観たが、「夢の国」「石の十字架」「光の航路」も加わっての6作品は、いずれも素晴らしい。「望郷、海の星」は2012年の第65回日本推理作家協会賞(短編部門)だが、「これがミステリー?」と思った。光が心に迫り、広がる。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。前国土交通大臣、前水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ