下町ロケットゴースト.jpg下町ロケットの第3弾。第4弾の「下町ロケット ヤタガラス」に続くという。「宇宙から大地へ」というが、ロケットから大地たる農業へという広がりが描かれる。

大型ロケットの水素エンジン用に供給しているバルブシステムは、佃製作所の代名詞。父親が倒れ、農作業の手伝いをせざるを得なくなった経理担当の殿村の励ましに行った佃航平は、トラクターに乗る。エンジニアの血が騒ぎ、トランスミッション(変速機)の技術開発に乗り出す。そこで出会ったのが、トランスミッションメーカーの「ギアゴースト」。創業5年の町工場。社長は伊丹大、副社長には天才エンジニアの女性・島津裕、ともに帝国重工出身で、訳あって独立したという。

この「ギアゴースト」が、バルブを佃製作に発注したその時・・・・・・。圧力がかけられ、「ギアゴースト」は絶体絶命の大ピンチ、存続の危機にさらされる。伊丹と島津のキャラ、知財の裁判、弁護士同士の戦い等も面白い。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ