CIMG3583.JPG CIMG3575.JPG

19日、「公明党足立総支部大会」が近藤区長、各種団体の代表など、多くの来賓出席のもと、盛大に行われました。

またこの大会には、政治評論家の森田実氏が出席、講演をいただきました。講演では「災害の多発している日本では防災・減災・国土強靭化が不可欠であり最重要。これを推進したのが公明党だ」「外国人観光客が3000万人を突破した。驚異的な勢いであり日本の経済にも地方創生にも大きな力となっている。この推進力が太田前国土交通大臣、二階自民党幹事長などだ」「公明党の地方議員はきわめて真面目でしっかり仕事をしている。人格的にも素晴らしい。多くの方と交流をして、ますますその思いを強くしている」などと述べ、「気がつけば公明党政治が現場で行われている」と強調されていました。

私は「防災・減災、消費税の軽減税率、夏の暑さ対策、子育て支援などの全世代型社会保障」などについて述べ、来年の区議選、参議院選の勝利を強く訴えました。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ