20190128164139.jpg

28日、第198回通常国会が始まりました。会期は150日間、6月26日までとなります。今年前半は皇位継承、G20、そして統一地方選、参院選など重要行事があります。その中での通常国会となり、タイトな日程となります。まずは、18年度第2次補正予算案と19年度予算案の早期成立に全力を上げます。

補正予算案の中心は防災・減災、それもレベルの上がった災害に対しての抜本的対策に踏み込みます。来年度予算では景気・経済を上昇させる。10月からの消費税引き上げに対して反動減等のないように対処する。全世代型社会保障への取り組みでは幼児教育、大学などの高等教育、私立高校授業料の「3つの無償化」がついに実現します。統一地方選、参院選の勝利に向けて走ります。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。前国土交通大臣、前水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ