白鳥とコウモリ.jpg2017年秋、東京で善良な弁護士・白石健介の遺体が発見される。捜査が始まり、1984年5月、愛知県で起きた「東岡崎駅前金融業者殺害事件」とつながっていることがわかる。そして、「白石さんを殺したのは私です。そして愛知の灰谷昭造を刺し殺したのも私です」と倉木達郎という初老の男が名乗りを上げ逮捕される。自供は明白、事件は解決したと思われた。二つの事件には、愛知の事件の犯人として逮捕され、留置場で自殺した男の家族・浅羽母娘と倉木達郎の人知れぬ関係が介在していた。

しかし、倉木の息子の和真は「父はそんなことをする人ではない。どうしても信じられない」と思い、白石の娘・美令も「あなたのお父さんは嘘をついていると思います。うちの父は、そんな人間ではない」との思いを募らせていく。「真実を知りたい」――加害者の息子と被害者の娘、立場上は敵同士の二人が、まるで白鳥とコウモリが一緒に空を飛ぼうとするかのように、同じ目的に向かって手を組んで進むという驚くべき展開となる。「被害者の家族と加害者の家族の苦しみ」「罪と罰」が業火となって善良な者の心奥を襲う。宿業と因縁の世界が迫り、東野圭吾さんの描く世界に時空とも引き込まれる。「不器用」で「実直」な風土といわれ、中日ドラゴンズファンも多い愛知・三河地方の雰囲気もよく出ている。傑作長編。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ