「気候変動+2℃」.jpg地球温暖化というのは気候大変動を誘発する引き金ということだ。そして「2℃」は人類が越えてはならない一線という具体的数字なのだ。
2004年から2006年は自然大災害の多発をもたらした。温暖化は南極や北極の氷や高山の氷河を融かし、海水の熱膨張によって海面の上昇をもたらす。桜の開花が早くなり、紅葉・落葉が遅くなり、動物の生息域が北に広がっている。

「人類はライオンのたてがみを引っぱる無邪気な子ども」と山本良一さんはいい、「環境こそが日本の生命線であり、気候リスクは回避できる」という。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ