070720いま、理念は生きる.jpg元西独首相のH・シュミットは、「福田赳夫生誕百年記念講演 21世紀に生きる哲学」でカント哲学を一言でいえば「我々の心の奥底にある道徳性は私たちを導く星であり、その星に従うことは我々の義務である」と述べ、福田哲学もそこにあるという。

「政治は最高の道徳」「世界は2人のために、ではなく世界のために2人はある」「20世紀は栄光と悔恨の世紀」「経済大国が軍事大国の道を歩むことは、歴史が証明している。

しかし、日本は経済大国になったが軍事大国の道を選択してはならない」「物質的充足のみでは飽き足らず、精神的な豊かさを求めるのは、アジアの伝統」「資源有限時代の認識に立ち、協調と連帯の基本姿勢を」「成長はその高さをもって尊しとせず、成長の質こそが大事」「モノ、カネ至上主義的な価値観から心の豊かさと人間としての生きがいを中心とする価値観を」「いかなる激動の時代にあっても正しきものは継承すべきである。

国民生活に密着している戦後民主主義の諸原則、すなわち、自由、人権尊重、平和主義の堅持、さらには非核三原則こそは戦後の日本が貴重な犠牲を払って獲得してきた成果であり、今後の日本の進むべき指針となすべきであろう」「昭和元禄」「人口爆発の危険、食糧問題の難問、無秩序な金融市場への対応、地球規模の環境温暖化の問題」「精神的、倫理的価値の欠如」――。

まさに戦後の栄光と悔恨のなかでつくられた断固たるゆるがなき姿勢、思想の原型をくっきりと見る思いだ。戦後レジームのなかで志向したものは何であったか、だ。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ