思い切なれば必ず遂ぐるなり.jpg政治家が書いた自叙伝や政策・ビジョンは読書録にのせていない。しかしこの野呂田先生の本は、まさに野呂田先生の日頃からの薀蓄がそのまま出ている見識の本だ。
私は、野呂田先生が演説の時、短い挨拶の時、仲人の時、少人数での懇談など、いろいろな場面に接して、スキのない、キチッとした深さと温かさと意思をもった話に感服してきた。


2万冊を読むなどということは、常人にはできるものではない。しかも、メモまでとって。激しい政治活動をし、しかも国会議員でNo.1の世界各国を回った人で知己も多い。
ここに描かれているのは、野呂田先生の数十分の1、氷山の一角にすぎないがゆえに、さわやかだ。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ