20110128-book.JPG「徹底討論」財政危機をどう乗り越えるか――と副題にあるが、もっと広範な討論となっている。財政の危機、税制、社会保障、そして政府の役割りまで論じら れている。共通の考え方であるゆえに、激論というより、論点の整理と、方向を提起している。そして竹中さんが、政府の中に入って仕事をしていただけに、た んなる学者の提起を越えている。
  短期的にはデフレ脱却、プライマリー・バランスの黒字化への進捗、それに金融政策。中長期的には、最も本質的な成長力を高める、日本の経済自体を強くする こと(法人税引下げ、とくに規制緩和)そして社会保障改革(鈴木亘さん)、労働市場改革(池田さん)。財政、財政学の土居さんを加えて、いわゆる論文では ないだけに、率直な語らいとなっている。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ