20110225-book.JPG 躍進を続けるヤマダ電機。なぜあれほどの拡大ができるのか。なぜ安く売りながら利益が上がるのか。消費に限界があると思えるのに、どこまで行けるのか。おそらく想像を絶する難題・苦難があるだろうと思われる。
  その意味で本書は難題突破の悪戦苦闘の歴史でもある。しっかりした理念(「創造と挑戦」「感謝と信頼」など)、POSシステム・自社物流システム・E・ VANシステムの導入などITの徹底活用による商流と物流のイノベーション、さらに地域電気店を巻き込んだコスモス・ベリーズの取り組みや小商圏店舗での 市場創造、医療・教育からオール電化商品への参入、中国進出――。全ての分野にイノベーションがあり、徹底した現場主義に基づいた挑戦の姿勢が貫かれてい る。
 理念は往々にして理念としてまつり上げられがちだが、本当に「創造と挑戦」「感謝と信頼」「企業価値を高め社会に貢献する」が、一直線に貫 かれているがゆえの成長であることがよくわかる。それ以上に、最も重要な社員力が、会長、社長の気迫と愛情で育まれている感がした。統率力は気迫だと思わ ずにいられない。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ